リフォーム 一戸建て 暮らし・住まい

小さいけれど快適に住める「理想の家」|離れを自宅として再利用

kurashino

滋賀県大津市にお住まいのK様は、築30年である離れを自宅として住むためにリフォームを行いました。

今回は「既存の離れを利用して住み心地の良い住まい」のリフォームに成功した事例として、ご紹介をさせていただきます。ぜひ参考にしてください。

1.リフォームのきっかけ

ここではK様が築30年の離れを、リフォームすることになったきっかけについてご紹介します。

(1)ご主人の実家で同居

K様は4歳のお子さんがいる30代の若いご夫婦ですが、滋賀県にあるご主人の実家で同居をすることになりました。その際、ご両親が住む母屋と同じ敷地内にある離れを、自宅として住めるようにリフォームしています。

新築ではなくリフォームにした理由は、現在ある建物を有効活用し、歴史をつないでいきたかったからとのことです。既存の木材はそのまま残し、部分的に強化して使用しています。

(2)既存の離れを再利用

築30年の離れは、もともと滋賀医大に通う学生の下宿として利用していました。その後、納戸として使われていたそうです。小屋裏部分もうまく利用しないと、住宅用としては使用できない造りでした。

今回のリフォームは、事実上、納戸であった建物を住宅にするリフォームとなり、梁の高さを調整するなど創意工夫を凝らしながら高さを確保しています。収納は壁面を利用し、生活がしやすい間取りに設計しました。

2.リフォームでのこだわりポイント

K様がリフォームする際に、特にこだわりたいポイントであげられたのは以下の3点です。

  • 既存の部材を再利用
  • リビングを広くする
  • 明るい部屋にする

順を追ってご紹介しましょう。

(1)既存の部材を再利用

今回のリフォームでは、既存の部材を再利用することが重要なポイントでした。
強度を補修すれば使える部材は残し、以前の建物の歴史をそのまま受け継いでいます。
天井にある梁はむき出しにして天井を高くし、開放感のある空間を実現しました。
全体的に木質感が感じられる温かい雰囲気の部屋となっています。

(2)リビングを広くする

リビングは家族みんなが集う憩いの場所なので、開放感ある空間が必要です。
LDKの広さを確保するために、以前は土間だった部分をリビングダイニングにして部屋の面積を広げました。造り付けの収納も多く設置して、部屋の空間を有効活用しています。

また、以前の建物は住宅用ではなかったため、キッチンやバスルーム、トイレなどはありませんでした。今回のリフォームでは納戸であった部分を使用して、生活に必要な水回り設備を設置しています。

(3)明るい部屋にする

快適に暮らせる家にするには、全体的に明るい部屋にすることが必要です。
リビングには大きな窓を設置して、日差しがたっぷり入るようになりました。
キッチンや玄関の壁には明り取り用の窓を設けて外からの光を取り込み、部屋の中を明るくしています。

3.【部位別】リフォームの内容

ここでは築30年の離れが、どのように快適な住宅に仕上がったのかについてご紹介します。

(1)木質感のある広々としたリビング

キッチンやダイニングと一続きになっているリビングです。
キッチンで調理をしながらリビングで遊ぶお子さんの様子も確認できます。
天井の梁をむき出しにして高さを確保することにより、開放感のある空間になりました。

どっしりとした梁が木のぬくもりを感じさせる居心地のよいリビングです。
窓を大きく設けたので、天気の良い日には温かな日差しが差し込みます。

(2)家事効率に優れた使いやすいキッチン

木の温もりと高級感を感じさせるアイランドキッチンです。
カウンターを設けたので、人数が少ないときはサッと食事をとることができます。
壁面にはパントリーや収納棚を設置しており、たっぷりと収納できるのがメリットです。

勝手口の近くには食器棚や家電収納、冷蔵庫があり、アイランドキッチンを中心に回遊性のある間取りとなっています。ダイニングと一続きになっているので、食事の配膳や片付けを効率良くできます。

(3)どっしりとした梁が印象的な寝室

天井が三角屋根の形状となっている寝室です。
天井を高くすることにより、開放的で広々とした空間になりました。
窓際に横たわっているどっしりとした梁が、木の風合いを演出しています。

寝室の窓からは緑豊かな風景が眺められ、リラックスしたひとときを過ごせるでしょう。
インテリアカラーをブラウンでまとめた居心地の良いお部屋です。

(4)明るく快適な洗面所&バスルーム

木目調でまとめた落ち着いた雰囲気の洗面所です。
内装は白をメインカラーにして、さわやかな雰囲気に仕上げました。
床下収納庫には、シャンプーや洗剤など日用品をストックできます。
リビングのすぐ隣に位置しているので、洗濯や入浴が効率良く行えるのがメリットです。

奥にあるバスルームも洗面所と同様に白でまとめており、清潔感漂う空間となっています。
窓から光が差し込む明るいバスルームで、リラックスしながらバスタイムを楽しめるでしょう。

(5)収納力たっぷりの玄関

大容量のシューズボックスを壁に取り付けた玄関です。
家族3人の靴がスッキリ収納できます。
玄関ドアやシューズボックスは木目調にして、他の空間と統一感を図りました。

シューズボックスの内側には小さな明り取りの窓を設置し、明るさを確保しています。
天井にある梁がインテリアの一部となり、おしゃれな雰囲気です。

4.リフォーム後の暮らしの変化

K様にリフォーム後の暮らしの変化について尋ねてみましたところ、以下のようなご回答をいただきましたのでご紹介します。

  • 全体的に使いやすくなった
  • 収納が増えて助かっている

生活動線の良い間取りにしたことにより、全体的に使いやすくなったそうです。
特にキッチンでの家事がしやすくなり、マンションで暮らしていたときよりも効率良く行えると喜んでいただいております。

部屋のスペースを有効活用するため、壁付の収納を多くするなど収納面にもこだわりました。適材適所に収納スペースがあるので、片付けやすいのがメリットです。

5.住友林業のリフォームについて

K様が当社にリフォームをご依頼されたきっかけなどについてお伺いいたしました。

(1)住友林業ホームテックを選んだ理由

K様が住友林業ホームテックをお知りになったきっかけは、住友林業で自宅をリフォームされた妹さんからのご紹介でした。

K様は他のハウスメーカーにも見積りを取られていましたが、K様のご希望に沿ったプランを具体的に提案させていただいた当社が最終的に選ばれています。当社の強みは創意工夫によりお客様のご希望を実現することです。豊富な実績と優れた提案力で、お客様の夢をカタチにしています。

(2)住友林業ホームテックの対応

リフォーム工事に際しての当社の対応についてお伺いをしたところ、以下のようなご回答をいただきました。

  • 理想の家を作れて満足している
  • 急な依頼でもスムーズに対応してもらえた

今回のリフォームにより、使用していなかった実家の離れが、コンパクトながらも快適に暮らせる家へと生まれ変わりました。K様には「理想の家」が実現したとご満足いただいております。

また、K様のご依頼に迅速に対応させていただいた点も、高く評価していただきました。当社はお客様との良好なコミュニケーションを何よりも大切にしております。

6.まとめ

今回は築30年の離れを、効率良く快適に暮らせる家へと生まれ変わらせた、滋賀県のK様のリフォーム事例についてご紹介させていただきました。

生活動線の良い間取りを取り入れて、無駄のない機能的な住まいを実現しています。
既存の梁を見せることにより、温かみのある雰囲気も演出しました。
子育て家庭にぴったりの「理想の家」といえるでしょう。

HOT

-リフォーム, 一戸建て, 暮らし・住まい