リフォーム 暮らし・住まい

第2の人生を支える快適な家に 定年後の全面リフォーム事例をご紹介!

kurashino

栃木県宇都宮市にお住まいのH様は、現在築38年のご自宅で奥様とお二人で暮らされています。定年を迎えられたのをきっかけに、住み慣れたマイホームの全面リフォームをされました。

今回は「第2の人生を支える快適な家」のリフォームに成功した事例として、ご紹介をさせていただきます。

1.リフォームのきっかけ

ここではH様が築38年のご自宅を、リフォームすることになったきっかけについてご紹介します。

(1)家族構成が変わり使用しない部屋が増えた

H様はお子さん方がそれぞれ独立されて、現在奥様とお二人で暮らされています。
そのため、子供部屋として利用していた部屋が空いている状況でした。

今回のリフォームでは2階にある子供部屋の1室をなくして、1階リビング天井の吹き抜けとして利用しています。新しく設置した窓からは光が入るため、明るく開放感のあるリビングが実現しました。現在の家族状況に合わせながら間取りを変更し、快適に住める家に生まれ変わっています。

(2)定年後、老後を見据えて全面リフォーム

築38年が経過したH様のご自宅は雨漏りやすきま風、床鳴りなど所々に老朽化が進んでいました。また、断熱材が十分でないため、特に冬の寒さは体に辛く厳しいものだったのです。

こうして終の棲家として、老後の長い時間を健康的かつ快適に住むために、「暖かく快適な家」にリフォームすることになりました。

2.リフォームでのこだわりポイント

H様がリフォームする際に、特にこだわりたいポイントであげられたのは以下の5点です。

  • LDKを広くして吹き抜けをつくる
  • 階段を部屋の中に付ける
  • 対面式のキッチン
  • 暖かい床暖房・暖かいバスルーム
  • 1階の和室はそのまま残す

順を追ってご紹介しましょう。

(1)LDKを広くして吹き抜けをつくる

以前の住宅ではリビングとダイニングが別室になっていました。今回のリフォームでは2部屋を隔てていた壁を取り払い、1部屋にすることで広々とした大空間のLDKを実現しています。天井の吹き抜けもご要望のひとつです。

(2)階段を部屋の中に付ける

廊下に設置されていた階段をLDKの中に付けることもこだわりのひとつです。
スケルトンなので見た目にも邪魔ではありません。2階へ上がるときも寒くなくなりました。

(3)対面式のキッチン

会話のできる対面式のキッチンは奥様のご希望です。
以前のキッチンはコンロが壁側に設置されていたため、リビングの様子が分からず孤独感を感じる配置でした。対面式にすることで料理中でも家族とのコミュニケーションを楽しめます。

(4)暖かい床暖房・暖かいバスルーム

今回のリフォームで最もこだわられたのは家全体を暖かくすることです。
H様がお住まいの北関東は冬の寒さがきびしいため、フロア全体に床暖房を導入しました。すきま風が入る寒々しいバスルームも暖かく快適になっています。

(5)1階の和室はそのまま残す

フローリングの床が中心のH様宅ですが、1階の和室はそのまま残すことにしました。
老後は和室を寝室にして1階だけを使用して暮らす可能性もあると考えたからです。
リフォーム後は1階のトイレの位置を和室の近くに変えたので、和室を寝室としても利用しやすいでしょう。

3.【部位別】リフォームの内容

ここでは築38年のご自宅が、どのように快適な住宅に仕上がったのかについてご紹介します。

(1)天然素材を使用した美しい外観

H様邸は在来工法で建てられた築38年の住宅です。
今回のリフォームでは、新生活にふさわしい外観にしたいと思われていました。
玄関ドアの交換などエントランスをリニューアルして屋根も新しく葺き替えています。

外壁は当社オリジナルの吹き付け材「シーサンドコート」を採用しました。貝殻やサンゴが入った天然素材で海辺の雰囲気を感じさせます。サッシはペアガラスに交換し、断熱性も高めています。

(2)壁や柱を取り払った大空間のLDK

以前は午後になると光が入らず暗い雰囲気のリビングでした。
しかし、吹き抜けにした場所の高い窓から明るい光が差し込むようになり、明るく暖かいリビングへ生まれ変わったのです。

また、リビングとダイニングの壁を取り払ったことにより、広々とした大空間になりました。取り払った部分の耐久性は天井に付けた梁などで補強しているため、構造面でも問題ありません。このような工事は技術力が高い業者でないと難しく、当社も施工する際には梁の納まり具合などさまざまな箇所に配慮しました。

(3)リビングまで見通せる対面式のキッチン

キッチンは対面式にして、リビングまで一直線に見通せるようになりました。
部屋の様子がわかりながら家族ともコミュニケーションを取れるので、もう調理の際に孤立することはありません。

調理器具がきちんと収められる豊富な収納スペースで、キッチンは常にスッキリしています。LDから床暖房を敷設しているので冬でも暖かいキッチンです。

(4)ゆったり入れる暖かいバスルーム

すきま風が入り寒々しかったお風呂場は、ゆっくりと入れる暖かいバスルームへと変わりました。ダークブラウンのパネルが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

冬場の寒さ対策として浴室暖房乾燥機を設置したので、ヒートショックの心配もありません。足を伸ばして浸かれる大型の浴槽で、心身ともにリラックスしながら疲れをいやせるでしょう。

(5)暖房を設置した明るい洗面所

以前は窓のない暗く寒々しい洗面所でしたが、明かり窓を設けたため朝から気持ちよく使える明るい洗面所になりました。

冬場の寒さ対策のため、弊社担当から暖房を入れることをご提案させていただき、結果、ヒートショックの心配がなくなったと大変喜んでいただいております。

4.リフォーム後の暮らしの変化

H様にリフォーム後の暮らしの変化について尋ねてみましたところ、以下のようなご回答をいただきましたのでご紹介します。

  • 家が明るく暖かくなった
  • のんびり過ごせるようになった

以前は老朽化が進み、すきま風などで特に冬場は過ごしづらい家でした。
しかし、リフォームをしたことにより暖かい家へと変わっています。家全体に断熱材を充填し、LDKだけでなく廊下や脱衣所にも床暖房を設置しました。そのため部屋の中では暖かく快適に過ごせます。

今までは「風邪を引くからと」お孫さんが泊まれない寒い家でしたが、もうその心配はいりません!暖かく快適にくつろげる家で、家族だんらんの時間を楽しめます。

5.住友林業のリフォームについて

H様が当社にリフォームをご依頼されたきっかけなどについてお伺いいたしました。

(1)住友林業ホームテックを選んだ理由

H様が住友林業ホームテックを選んだ理由は、当社が提示したプランを一目で気に入っていただけたという点です。

当初H様は当社を含む2社を検討されていました。しかし、他社の間取りは無駄が多く使いにくいと感じられたそうです。予算の都合もありましたが、後で後悔するのは困るということで最終的に当社を選んでいただきました。

(2)住友林業ホームテックの対応

リフォーム工事に際しての当社の対応についてお伺いをしたところ、以下のようなご回答をいただきました。

  • おおむね満足している
  • こちらの要望をよく聞いて提案してくれた

LDKの吹き抜けや天井の梁、部屋の中にあるオープン階段など、H様がこだわられた点はバランスよく仕上がり、大変ご満足いただけました。LDKの中にある階段はスケルトンなので見た目も邪魔に感じず、2階へ行くときも寒くないとのことです。

また、当社がご提示したさまざまなアイディアも気に入っていただけたことから、「提案力の高さ」でも高評価をいただいております。

6.まとめ

今回は築38年の住宅を、快適な住宅へと生まれ変わらせた、栃木県のH様のリフォーム事例についてご紹介させていただきました。

お子さん方の独立、定年退職などの転機を迎えて、H様は奥様とお二人での暮らしを快適にするために大規模リフォームを実行されています。H様の事例のようにライフスタイルの変化によって住まいをリニューアルすると、「今の暮らし」にふさわしい快適な生活を得られます。

ライフステージの変化による人生の転換期を迎えたら、現在のライフスタイルにフィットしたリフォームをご検討されてはいかがでしょうか。新しい世界が広がっていきます。

HOT

-リフォーム, 暮らし・住まい