収納 暮らし・住まい

『整理収納5つの鉄則』に基づいた片付けに追われないアイデアと実例を一挙公開

kurashino

毎日仕事に家事に忙しくて、ついつい部屋が散らかった状態になってしまうことは、どこのご家庭でも珍しいことではありません。まずは食事や掃除、洗濯など最低限の家事から手を付けないと生活が成り立たないからです。

今回はそもそも「散らからない仕組み」を作ることで片付けがラクになる方法をご紹介します。『整理収納 5つの鉄則』を知ることで、片付けに追われなくなる部屋を実現しましょう。

『整理収納5つの鉄則』

『整理収納5つの鉄則』とは、整理収納がスムーズになるスキルの法則です。

▼5つの鉄則

1.適正量の決定

2.動作・動線にかなった収納

3.使用頻度別収納

4.グルーピングの効果

5.定位置管理

ひとつでも多く実践すると整理環境が飛躍的に向上します。ここでは、それぞれについて解説をします。

鉄則1.適正量の決定

整理をする際には、各家庭に合ったモノの量を決めることが肝心です。家の中にあるすべてのモノを、家族構成やライフスタイルなどによって適正量を決めていきます。アイテム別に活用例をご紹介しましょう。

1.衣類

自分が持っている衣類の数は、何となくつかめているような気がするものです。しかし、実際に全部を出してその量を確かめてみると、予想以上に多いことに驚きます。何年も着ていない洋服が出てくることも少なくありません。
モノのなかでも洋服は増えやすいアイテムのトップバッターです。そのため、「新しい服は、いまある服を1枚処分してから買う」などマイルールを決めるとよいでしょう。無制限に服が増えることがなくなり、気に入ったものでなければ買わないようになります。

2.日用品・雑貨

家庭の必需品である日用品と、生活を楽しませてくれる雑貨。これらに関しても、適正量を決めることにより整理整頓された空間が実現します。
洗剤やシャンプーなど毎日使う日用品は、家族の人数に合わせてストックするようにしましょう。たとえば、シャンプーのストック数を2個と決めたなら、ストック数が1個になった時点でもう1個だけ買うのです。
タオル類などの雑貨は収納棚に入る量を目安に。かわいらしいインテリア用の雑貨なども適正量を決めてから購入しましょう。

3.食器

しまい込んだまま忘れてしまいがちなのが食器類です。棚の奥にずっと使っていない食器も多いのではないでしょうか。たいていの場合、1年に1度も使わない食器はなくても支障がないものです。
食器は使うものと使わないものに選別して、使うものだけを食器棚に戻すようにすると、棚の中の空間に余裕が生まれ、何が入っているのかもわかりやすくなります。出し入れもしやすくなるので、使い勝手も向上するのがメリットです。

4.書類

家庭に入ってくる書類も、かなり膨大な量です。書類は「家庭用」「仕事用」「子ども用」などとジャンル別に縦型のファイルボックスを用意して、仕分けをしてから入れるようにしましょう。
書類は左から入れるようにすると、常に新しい日付の書類が左にある状態になり分かりやすくなります。
「ファイルボックス1個に入るぶんが適正量」と考えて、それ以上に増えたときは不要な書類を処分するようにしましょう。

鉄則2.動作・動線にかなった収納

「使いやすい収納」には、人の身体的特徴(身長など)や行動パターンを考える必要があります。もっとも使いやすい収納の位置は、ゴールデンゾーンと呼ばれる「目線から腰高まで」の高さ。立ったままの姿勢で取り出せるため、からだに負荷がかかりません。

生活動線を意識することも重要です。生活動線とは、家の中で人が動く道のことですが、この動線が短いと作業が効率的に行え、長いと面倒になり散らかる原因となります。

鉄則3.使用頻度別収納

よく使うモノは使いやすい場所に置くと便利です。したがって、モノは使用頻度別に5段階に分類して収納に適した場所に収めるようにしましょう。モノを置く場所は、ライフスタイルにより違いがあります。
下記に使う頻度とモノの例をまとめました。使用頻度が多いものほど、取り出しやすい場所に収納しましょう。

レベル

使う頻度

モノの例

使用頻度1

毎日

携帯電話、財布、鍵、テレビのリモコン、充電器

使用頻度2

2~3日に1回

文房具、認印、バッグ、車の鍵

使用頻度3

週1回

通帳、診察券、

使用頻度4

月1回

保険証、レジャー用品

使用頻度5

年1回

雛人形、鯉のぼり、クリスマスツリー、ストーブ

使用頻度6

使うことはない

子どもの古い教科書・卒業後の制服・おもちゃ

筆者作成

鉄則4.グルーピングの効果

何か作業をする際は、道具類がまとめてあるほうがサッと取りかかれます。したがって、複数の道具を使ってひとつの仕事をする場合は、それらをグループにして一緒に収納しましょう。たとえば、「朝食セット」「アイロンセット」「荷造りセット」などと分類しておくと便利です。
「朝食セット」の場合、トレイにシラスやタラコなどご飯のお供、醤油、納豆など定番のおかずを、トレイやかごにワンセットにまとめて冷蔵庫に入れておきます。忙しい朝でもワンアクションで朝食の用意ができるので便利です。片づけるときもトレイに戻して冷蔵庫に入れるだけなので簡単です。

鉄則5.定位置管理

定位置管理とは、モノの位置を正確に決めることです。モノが常に決まった場所にあると探し物がなくなります。また、いちいち家族に「あれ、どこにあるの?」と聞かれることもなくなるためストレスもたまりません。これを実現するためには、家族みんなが定位置を共有しているのがポイントです。作成が面倒かもしれませんがラベリングをおすすめします。すべてのモノに指定席があり、元に戻すことさえ徹底すれば部屋がモノで散らかることはありません。

『整理収納 5つの鉄則』がもたらすメリット

『整理収納 5つの鉄則』を実践すると、さまざまなメリットを得られるようになります。ここでは、家族にもたらされる素敵なメリットを3つご紹介しましょう。

1.家族関係が良くなる

キレイな部屋になると家族だんらんの時間が増えます。そのため、家族間のコミュニケーションが活発になり、家族関係が良くなるのが大きなメリットです。家庭で居心地よく過ごせるので、家にいる時間を大切にするようになります。
『5つの鉄則』を実践すると自然に散らからなくなるので、整理の労力が家族に分散され、ひとり当たりの負担が減るのも嬉しいポイントです。

2.生活がスムーズになる

整理整頓されていると物を探す手間が省けるため、無駄な時間がなくなります。定位置管理を実践することにより自分ひとりで目的のモノを取り出せるので、誰かに聞く必要もありません。したがって、家庭生活がスムーズになるのがメリットです。
また、床にモノが散乱していると小さな子どもや年配者がつまずく原因となり、ケガをする恐れがあります。整理整頓されていると足元の危険もなくなるため、家屋内の安全性が高まるのも良い点です。

3.家族が自立する

モノを定位置で管理できるようになり、適正量以上に買い物をしなくなると部屋の中が散らからなくなります。このように、「家族が自立する」のがメリットです。
片付けを自分でする習慣が身に着くため、主婦(夫)が急に入院するなどアクシデントが発生しても生活に困らないようになります。子どもが将来ひとり暮らしするときや、家庭を持った日にも役立つでしょう。

ストレスなく整理整頓を進める方法

「片付け」ときくと非常に面倒くさく、骨の折れる作業にしか思えない方も少なくありません。ここでは、ストレスなく整理整頓を進める方法をご紹介します。

1.毎日少しずつ続ける

本来は一度"全出し"をして、全てのモノの整理を一気に片付けるのが一番スピーディーな方法です。しかし、毎日、仕事や家事、育児、介護などに追われている方の場合は、とてもそんな余力はありません。このような場合は、毎日少しずつ整理をしていきましょう。引き出しひとつからでもOKです。時間もたとえば15分と区切って、その間でできそうなところから始めるとよいでしょう。毎日が無理な方は2~3日に1回でも構いません。少しずつでも積み重ねていくと、やがてきれいになっていきます。

2.徹底的に整理するときはひとつの場所に絞る

少しずつ身の回りがキレイになっていくと、だんだん片付けが楽しくなってきます。整理が進んできたら、お休みの日にでも"全出し"をして片付けてみてはいかがでしょう。
ただ、全出し整理は思いのほか時間がかかるので、「キッチンだけ」「リビングだけ」「寝室だけ」など1カ所場所を決めてするのをおすすめします。

3.判断に困るものは無理に捨てない

片付けを進めていくと、処分の判断に困るものも出てきます。もう使わないからといって、簡単に捨てられないものもあるでしょう。このような場合は、無理に捨てないようにします。特に家族の所有品で「どう見ても不用品」と思えるものでも、一度聞いてから処分するようにしてください。後でトラブルのもととなります。また、役立たなくても「思い出」としてとっておきたいものは「思い出ボックス」を用意して収納するのもよい方法です。

まとめ

今回は、「整理収納 5つの鉄則」の実践方法を詳しく解説しました。
コロナの影響もあり、以前より家で過ごす時間が多くなったご家庭が増えています。快適な生活環境を手に入れるには、素敵なインテリアより先にきれいでスッキリとした空間が必要です。

身の回りが片付くと家庭生活も効率よく回っていきます。家族同士でもめることが少なくなるので、これまで以上に関係も良好になっていくでしょう。最初は少しずつでも構いません。『整理収納 5つの鉄則』を利用して心地よい生活をぜひ実現してください。

HOT

-収納, 暮らし・住まい
-