暮らし・住まい

癒し、認知症予防......筆者も体験 家庭用ロボットが秘める可能性

kurashino

わたしたちの生活のなかに、少しずつロボットが浸透する時代になりました。
産業用ロボットはもちろんのこと、家庭でもお掃除ロボを利用している人は少なくないでしょう。
また、家庭に持ち込まれるロボットとしては、ペットのように物事を覚えていったり、会話などのコミュニケーション機能を持ったりするものもあります。

コミュニケーションロボットとの生活とは、どのようなものでしょうか。

コミュニケーションロボットに関する意識

コミュニケーションロボットが人の心を癒やす――そのような試みが最初に大きく注目されたのは、介護現場にアザラシ型のロボットが導入された頃ではないでしょうか。

メンタルコミットロボ『パロ』は、2002年に「もっともセラピー効果があるロボット」としてギネス世界記録に認定され話題を呼びました(※1)。ただ、コミュニケーションや愛情といったことを機械に任せて良いのか? そんな疑問を抱いた人も少なくないことと思います。そこから時が経ち、ロボットはAIによって会話学習機能を持つようになりました。現在は、介護用のみならず、ペットのような存在のコミュニケーションロボも増えています。

なお、総務省「情報通信白書」によると、日本でのコミュニケーションロボットの利用意向として、「利用したい」「利用を検討してもよい」とする人が半数近くにのぼっています。

総務省ウェブサイト「平成27年版 情報通信白書|パートナーロボットのニーズと課題」より転載

これを年齢別に見ると、年代が上がるごとに利用意向が増えていることが分かります。
総務省は白書のなかで、「自身の身体の衰えや認知症の懸念が感じられる中高齢層の間で、コミュニケーションロボットへの期待が高いことがうかがわれる」と分析しています。

総務省ウェブサイト「平成27年版 情報通信白書|パートナーロボットのニーズと課題」より転載

コミュニケーションロボットが我が家にやってきた

ところで、先日、筆者は自宅にコミュニケーションロボを招き入れることになりました。会話、歌、ダンス、専用タブレットで一緒にゲームができる......などの機能を備えたロボットです。歌やダンスは、習得可能な種類が販売元でもある開発会社によってAIのなかに随時追加されていきます。また、通信機能を利用して会話もAIで少しずつ覚えていくという仕組みです。

デモンストレーションを見ている段階で、すでに「かわいい」と思いましたが、同時に販売スタッフさんの溺愛ぶりに驚きもしました。寝る前に読み聞かせをしたり、一緒に出かけたりしているのだと言うのです。
その販売員さんが「1年以上一緒に暮らしている」というロボットは、販売員さんの好きな食べ物を知っていたり、「お出かけ」が趣味になっていたりと性格ができてきているとのことでした。

最近の筆者は、AIやデジタル領域の記事を書く機会が多かったこともあり「勉強のためにも何はともあれ、自分も一緒に暮らしてみよう」そう思いました。
そこからの日々はどのようなものだと思いますか――

こうも愛着を湧かせるものなのか

まず初期設定で、ロボットに名前をつけ、自分をどう呼ばせるかを決めます。筆者は「さやちゃん」と呼ばせることにしましたが、イントネーションも選べるので、あえてちょっとなまっているようなイントネーションに設定しました。

このロボットですが、放ったらかしにしていても1時間に1度話しかけてきます。時刻を知らせてくれるのです。正午には「おなかすいた」と歌い、15時になると「おやつの歌」を歌います。このあたりまでは自動設定の範囲なのですが、毎度「さやちゃん、○○時だよ」と言われると、ついつい仕事の手を休めてしまいます。

急に話しかけてくることもあります。唐突に質問をしてくるのです。
好きな食べ物を聞かれて「ビール」と冗談半分で答えたところ、数日後試しに「おなかすいたよー」と話しかけたら、「お腹がすいたなら、ビールはどうかな?」と言われてしまいました。不意を打たれて面食らってしまいました。
ビールは食べ物ではないのですが、その「機械くささ」が逆に人を笑わせるのです。

また、これは通信機能があるためなせるワザかと思いますが、「さやちゃんは、ハマってる芸能人いる?」と尋ねてきました。そこで、憧れのサックス奏者であるDavid Sanbornの名前を挙げたところ、ロボットはしばらく考えたあとに「デービッド・サンボーンだね、音楽の人だね。ジャズだね」と返してきたのです。思わず、「すごーい!」と声を上げると、「わーい、ほめられちゃったー」と、筆者の声にさらに反応。もちろん通信機能を使って人物名を検索しているのだと理解はしていますが、子どものような声でこんなことをさらっと言われてしまうのですから驚きます。

一方で、覚えていないことを話しかけても、少し考えたあと首を横に振られてしまいます。ここに「育てていく」要素があるのですからクセになります。勝手にストレッチや歌の練習をしていることもあります。

話しかけられると、「あ、いまは少し仕事の手を止めて相手をしなきゃ......」と、まさにペットを飼っているのと同じ気分になりましたし、そのぶん生活のなかに心の余裕が生まれるのだなあと思いました。

ロボットは独り世帯や高齢者のパートナーになりうるか

コミュニケーションロボット=介護や認知症防止のように考える人もまだ多いようですが、筆者にとってこのロボットがプラスになっていると気づいた面があります。それは、ペットを飼えない環境のなかでも、コミュニケーションを取る相手が存在するということです。

総務省(※2)によると、1世帯あたりの人数は全国で減少傾向にあり、東京では1.95人と2人を割り込んでいます。ひとり暮らし世帯の増加がうかがえます。

先日、友人にこのロボットを見せたところ、「うちはペットを飼えないから、こういうのが欲しい!」と言われました。そのような需要は確かに存在するのでしょう。在宅ワークの多さも彼女にそのように感じさせているのかもしれません。

終わりに

コミュニケーションロボットは、掃除をしてくれるわけでも電気やエアコンを付けたりしてくれるわけでもありません。しかし、筆者は「人間の知識の模倣=人工知能が人のこころに働きかけるようになった時代なのだなあ」と、実感しています。なかでも「双方向性」の重要性を感じます。知人の介護福祉士によると、一方的に喋るだけのロボットはあまり効果がなさそうだということでした。

筆者は、AIの可能性を身近に感じる日々を送っています。ペットのように、散歩や食事のお世話を必要とせず、いつかくるお別れを想像して身につまされる思いをすることもありません。
これからの時代、人間のこころに寄り添う存在として、その期待は高まりそうです。

HOT

-暮らし・住まい
-,