なるほど!暮らしと住まいの知恵袋 暮らし・住まい

夫婦二人で晩酌を楽しむ 和食をちょっとアレンジして赤ワインとのペアリングを楽しむコツ&簡単レシピ

kurashino

最近、海外でも注目度の高い和食は、赤ワインと一緒に楽しむ機会が増えているようです。
和食の味付けは、食材そのものの味わいや風味を生かした淡白なものが多く、白ワインとのマリアージュがよく知られますが、赤ワインの濃厚で芳醇な味や風味に調和する和食メニューもあります。
赤ワインにはポリフェノールや動脈の老化を防ぎ、血圧をコントロールする効果があるといわれるヨードが含まれていますので、健康を気にするシニア世代におすすめのお酒です。
美味しく、おしゃれに楽しむことができる赤ワインを、手間をかけずに楽しむための、和食の合わせ方とレシピをいくつかご紹介しましょう。

赤ワインと和食を合わせるコツ

赤ワインと和食を組み合わせるのは難しく感じるかもしれませんが、日本酒などと同様に、お酒の持つ味わいのバランスと考えれば意外と簡単です。お酒が持つ甘み、苦味、酸味、コクなどのバランスをお料理と合わせると成功しやすくなります。
赤ワインの甘みやコク。これは食材の甘みやお砂糖、みりん、味噌、脂分などでトーンを合わせます。
苦味には土の香りがする根菜類などが合わせやすいです。また、酸味もお酢や柑橘が活用できます。

脂の甘さや香りが強い赤みの魚・肉

赤ワインに合う食材は、色合いから想像すると比較的簡単です。白身魚などの淡白な味わいは白ワインに合いますが、サーモンや和牛などの赤い色の食材は、香りや味わいが濃厚で、程良く脂の甘みがあり、赤ワインの力強さとマッチします。

例えばマグロ、カツオ、ブリ、サバ、アジ、サンマ、イワシなどは、お刺身やたたき、お寿司といった生で食する場合でも赤ワインに合いますし、グリルやフライパンで焼くのもおすすめです。食材によっては、ただ焼くだけだと赤ワインの力強さに負けてしまうことがありますが、その場合はスッキリとした味わいの国産赤ワインを選ぶか、お醤油とバルサミコ酢などを合わせてソースを作るなどでバランスが取りやすくなります。

醤油とみりん、味噌などを使った濃厚な煮物料理

和食の代表的な味付けである、甘辛い味付けも赤ワインにぴったりです。八丁味噌を使ったモツ煮込みやレバーの甘辛煮、焼き鳥などは、果実味たっぷりのピノ・ノワール(フランスブルゴーニュ地方を代表する赤ワイン用ブドウ品種)がぴったり。アルコールを召し上がる時には、良質なタンパク質を補助的に摂取することで肝臓への負担を軽減できますから、健康面を気にする私たち世代にもおすすめの副菜です。
和食によく使われる薬味の唐辛子を黒胡椒に変えるのもおすすめです。

根菜

カボチャ、ニンジン、レンコン、ごぼうなどは、味わいが濃く、特に根菜類の土の香りがメルローと合います。土の香りがする野菜は赤ワインと調和が取りやすい食材で、和食は根菜を多用するので、幅が広がりそうですね。焼きもの、炒めもの、揚げもの、蒸し物、調理法は何にでも合います。

赤ワインに合う和食レシピ

それでは、赤ワインに合う和の食材を選んで、簡単にできる和テイストのおつまみをいくつかご紹介しましょう。

赤みの魚を使った竜田揚げ(カツオ、マグロ)

マグロやカツオのお刺身やたたきを購入して余った時にも使えるレシピです。下味をつけてから揚げることで味がしっかり付くので、赤ワインのおつまみにぴったり。ショウガやニンニクを漬けタレは、赤身魚特有のクセや生臭さも緩和できます。

材料(2人分)
カツオ(刺身用)※...1柵(カツオのたたきでも可。マグロのお刺身でも美味しくできます)
ショウガ...1片
ニンニク...1/2片
片栗粉...適宜
サラダ油...適宜
レモン...一切れ

A(漬けタレ用調味料)
醤油...大さじ2
みりん...大さじ1
酒...大さじ1

作り方

  1. カツオは、キッチンペーパー等で水気をとっておきます。刺身用の柵の場合は、厚さ1cm程度の切り身にする。
  2. ショウガをすりおろして漬けタレ用の調味料と合わせバット等に入れ、切り身を並べて浸しておく。(冷蔵庫で2時間程度)
  3. 適度に汁気を切りながら、片栗粉をまぶして揚げる。(油の温度は、170~180度・中程度)
  4. 油を良く切って盛り付け、お好みでレモンを添える。

鳥レバーの煮物

鳥レバーは、比較的入手しやすく、値段も手ごろな食材です。まったりとした舌触りと甘辛くコクのある味わいは赤ワインとの相性もバッチリ。鳥レバーは他のレバー類よりは、臭みも少なく下処理(血抜き)も手間がかかりません。味付けや調味料を工夫すれば、レバーが苦手な方も食べやすくなります。(注:レバーは、必ず加熱処理してください)

材料 (作りやすい分量)
鳥レバー...150g
ショウガ...1かけ(千切り)
醤油...大さじ2
砂糖...大さじ2
みりん...大さじ1
酒...大さじ2
黒胡椒...適宜

作り方

  1. 鳥レバーは、購入後すぐに調理します。脂肪部分(白いところ)を取り除いてから一口大に切り、しっかりと水洗いし、塩水(分量外)に20分ほど浸けておく。
  2. 鍋に水(分量外。材料が浸る程度の分量)を用意し、沸騰したら水を切った鳥レバーを入れて2分ほど茹でてからザルにあげ、灰汁を切る。
  3. 鳥レバーを鍋に入れ、ひたひた程度の水と千切りにしたショウガ、調味料を入れ、一旦煮立たせ、煮立ったら弱火で8分煮る。煮汁が少なくなって鍋に焦げ付かないように注意。火を止める直前に一瞬強火にして煮立たせ、照りをつける。
  4. お好みで黒胡椒を添えて。

土の香りと甘みを味わう。かぼちゃの照り焼き

かぼちゃなどの甘い根菜類も赤ワインと合わせやすい食材です。比較的火が通りやすく、薄く切って調理すれば素早く食卓に並べられますし、腹持ちも良いのでお薦めです。フライパンひとつでできる、お手軽な和のおつまみです。

材料(2人分)
かぼちゃ...1/4個
オリーブオイル...大さじ1
ポン酢...大さじ1
しょうゆ...小さじ1
みりん...小さじ2
砂糖...小さじ1/2
白ごま・山椒...お好みで

作り方

  1. かぼちゃは皮ごと1cmくらいの幅に切る。
  2. 大きめのフライパンにオリーブオイルを入れ、かぼちゃを平らに敷き詰め、中火で焼き色がつき、柔らかくなるまで時々返しながら焼く。
  3. ポン酢、みりん、醤油、砂糖をすべて混ぜ合わせておき、かぼちゃが焼きあがる少し前くらいに入れ、かぼちゃ全体に絡める。汁気がなくなる直前で火を止める。
  4. 盛り付けてから、あれば、お好みで白ゴマ、山椒をトッピングする。アーモンドスライスやクリームチーズを添えても美味しい。

かぼちゃだけでなく、レンコンやジャガイモ、ゴボウも薄くスライスして少量の油で素揚げすると簡単な和テイストのおつまみ(スナック)になります。素揚げは日持ちするので冷蔵庫に常備しても。生麺類(そばなど)も、素揚げして塩を少量振りかけるなどすれば、美味しいスナックになります。

他にも、定番のカボチャの煮つけや肉じゃが、豚肉の生姜焼きも和のスパイス(山椒、黒七味など)を使って少しだけ凝った味わいにすれば、赤ワインとの相性が生まれます。その際、和食器ではなく、洋食器に盛り付けるなど、見た目の工夫も楽しんで。
赤ワインをより身近に、カジュアルに楽しんでみてください。

HOT

-なるほど!暮らしと住まいの知恵袋, 暮らし・住まい
-