なるほど!暮らしと住まいの知恵袋 暮らし・住まい

ホーロー鍋、トースター、グリル......ガンコ汚れでお掃除が大変!キッチン道具のお手入れのコツ

kurashino

使用頻度の高いキッチン道具は汚れが気になってきても、なかなか掃除するタイミングがとれないもの。とはいえ、汚れたまま使い続けると、劣化してしまうこともあります。今回は普段なかなか徹底掃除できないキッチン道具、ホーロー鍋や魚焼きグリルの焦げ落としや、そのほかの気になるツールのメンテナンス方法をご紹介します。
予定のない日に、毎日活躍するキッチン道具に感謝しながら、丸一日メンテナンスDAYにしてみてはいかがですか。

ホーロー鍋は重曹で優しく焦げ落とし

色鮮やかで可愛いデザインのホーロー鍋は、キッチンに出したままでもオシャレで人気のアイテム。上手に使いこなすと料理が格段に美味しくなるため、愛用している方も多いものです。
ホーロー鍋は、鉄やアルミなどの金属の鍋に、ガラスを焼きつけたものです。お手入れの面では、錆びない、料理のニオイがうつりにくく、汚れが落ちやすいというメリットがあります。
ただ、ホーロー鍋は基本的に中火で調理することを前提としているため、うっかり強火で調理してしまうと、焦げついたり、コーティングが剥がれてしまったりする場合があります。もし焦げてしまったら、無理に落とそうとせず、時間がある時に落としてください。

ホーロー鍋の焦げの落とし方

手順1

焦げが浸かる位置まで水をはります。水1カップに対し、重曹大さじ2杯を入れ中火にかけ沸騰させます。沸騰後10分ほどしたら火を止め、冷めるまで放置してください。

手順2

スポンジで汚れを落とし、十分に乾燥させます。

※注意点

乾燥のために鍋を火にかける方もいるかもしれませんが、空焚き状態による急激な温度の上昇はホーロー面の破損につながるため、避けましょう。

魚焼きグリルは重曹と精油でスッキリ

和食がお好きな方なら、魚焼きグリルの使用頻度は高いでしょう。また、最近では魚焼きグリルにいれて調理することができるスキレット(鋳鉄製のフライパン)やグリルパン(網焼きができるフライパン)のバリエーションも増え、魚焼きグリルの使用回数が増えたという家庭もありそうです。
直火の火力を利用した料理が手軽にできる反面、後片付けは少々手間に感じることもありますよね。特に、さんまなどの脂ののった魚を焼いた後は、油汚れとニオイが気になります。ここでは、魚焼きグリルの汚れとなかなかとれないニオイを掃除する方法をご紹介します。

魚焼きグリルのお手入れ方法

手順1

まず、使い終わった後のグリルはシンクに移動して水を流した後、熱湯をかけて油を浮かせます。

手順2

一度、油の浮いたお湯を捨てたら、もう一度お湯をはり、重曹を100gほどふりかけ、冷めるまで放置します。

手順3

スポンジでこすって汚れを落とします。

手順4

水約200ccに重曹小さじ1杯を溶かしたスプレーを作り、庫内に吹きつけます。布巾で拭き取り汚れがとれたら、乾拭きします。

手順2で重曹を入れる際、精油(エッセンシャルオイル)のレモン5滴、ペパーミント3滴、クローブ2滴を混ぜると消臭効果が期待できます。毎日の掃除では落としきれない汚れも月に一度拭き取りを行なえば、気持ちよく調理ができます。

トースター掃除にはクエン酸を活用

高級食パンブームが続き、食パンをより美味しく食べるためにトースターにもこだわりを持つ方が増えています。お気に入りのトースターはできるだけ長く大切に使いたいものです。トースターは庫内にたまった汚れを放置すると、発火事故が繋がることがありますので、安全に使うためにも、掃除は忘れずに行なう必要があります。

トースターのお手入れ方法

手順1

パンくずを事前に取り除いておきます。

手順2

チーズなどの焦げやこびりつきを落とします。この時、使用済のプラスチック製のカードを用いると、傷をつけることなく、楽に焦げを落とすことができます。

手順3

汚れが落とせたら、お掃除ではお馴染みのクエン酸スプレーを汚れている部分に吹きつけ、乾いた布で汚れを拭き取ります。

きれいになったトースターですが、できるだけ受け皿をこまめに掃除すると、定期的な掃除の負担が軽減します。最近では庫内の奥まで手が届きやすいトースター掃除専用のブラシなども販売されていますのでチェックしてみてください。

ケトルは沸かして待つ

数分でお湯を沸かすことができる電気ケトルは、一日を通しても使用頻度の高いアイテム。調理だけでなく、鍋の焦げつきや油汚れ落としの時にも、すぐにお湯が用意できる優れものです。
鍋の汚れ落しなどに重曹を使うことがありますが、電気ケトルには使用不可ということ。重曹による通電によって故障する場合がありますので、誤って使わないよう気をつけましょう。

電気ケトルのお手入れ方法

手順1

満水容量まで水を入れ、クエン酸を大さじ1、2杯いれて沸かします。

手順2

2時間ほど放置した後、軽くふってから中身を捨てます。

手順3

再度水を入れて沸騰させた後、お湯を捨てれば完了です。

電気ポットに付着する水垢汚れはアルカリ性の性質を持つため、酸性のクエン酸を使うことで、汚れを中和させ落としやすくしてくれます。

シリコンツールのニオイの落とし方

シリコン製のキッチンツールも便利アイテム。シリコンゴムならではの柔らかさと耐熱性で、フライ返しやお玉、スチーマーやお菓子の型など、様々なアイテムに展開されています。特にお弁当用のシリコンカップは、冷凍も電子レンジも可能なため、お弁当作りには欠かせない存在。繰り返し使える便利なアイテムですが、料理によってはニオイ移りが気になることも。

シリコンツールについたニオイは、重曹で落とすことができます。やり方は、熱湯に重曹大さじ1を溶かしたものを用意し、シリコンツールを一晩つけておくだけ。重曹がない場合は米のとぎ汁で代用することも可能です。洗っても取れないと諦める前にぜひ試してみてください。

コーヒーメーカーのお掃除方法

忙しい朝のお供に、コーヒーメーカーを使っているという方が多いです。手間をかけずにコーヒーを飲むことができる優れものですが、美味しいコーヒーを飲むためには掃除が不可欠となります。きちんと掃除ができていないと故障の原因になることもあれば、風味や香りが劣ってしまうこともあります。
コーヒーメーカーのお掃除ですが、まずは、取扱説明書をしっかりと確認しましょう。お手入れに関しては説明書を確認せず自己流という方もいますが、説明書通りに行なうと安全に洗浄できます。
説明書にクエン酸を使ったお掃除方法が掲載されているコーヒーメーカーもあります。水タンクなどの水垢汚れには、クエン酸を溶かした水で、コーヒー豆を入れずにドリップを繰り返すという方法が効果的です。
終わった後は、しっかりと水分をふき取り、乾燥させることも忘れてはなりません。濡れたまま放置すると、雑菌やカビが繁殖する原因となります。ハンドドリップに劣らない一杯を味わうために、月に一度、時間をかけてお掃除してみてはいかがでしょうか。

メンテナンスにあてる一日を有効に使うためには、使う道具ごとに掃除をすすめると効率的です。一日の終わりにスッキリした気分になれるよう、休憩を挟みながら、取り組んでみてください。

メンテナンスDAYの例

 

アイテム

使うもの

道具

ポイント

午前

電気ケトル

クエン酸

比較的簡単な電気ケトルのお掃除から初めて、やる気スイッチをオン!

トースター

スポンジ・プラスチック製のカード・布・スプレーボトル

ケトルのお湯を冷ましている間にトースター掃除をスタート。

コーヒーメーカー

クエン酸を使ったお掃除はここまで。

午後

魚焼きグリル

重曹

布・スプレーボトル・精油・お湯

午後は重曹を使ったお掃除をスタート。手強い魚焼きグリルから始めましょう。

ホーロー鍋

布・お湯

ホーロー鍋のお湯を冷ましている間にちょっと休憩。

シリコンツール

ボウル・お湯

最後はシリコンツールを漬け込んで、メンテナンス完了!

HOT

-なるほど!暮らしと住まいの知恵袋, 暮らし・住まい
-