なるほど!暮らしと住まいの知恵袋 暮らし・住まい

ダラダラでは片付かない!計画的にお掃除する方法

kurashino

掃除をしなければいけないとわかっていても、やる気が起こらなかったり、掃除をし始めたところですぐに他のことに手を出してしまったり、という経験はありませんか? 「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」「そういえばあそこも......」という感じで無計画に掃除をしていては、あっという間に日が暮れてしまいます。
家事の時間にお悩みがある方は、1日の掃除にかかる時間がどの程度かを把握して、計画や目標を設定するようにしてみてください。掃除時間を整理して計画的に行うことによって、自由な時間が増やせますし、休日をゆっくりと過ごせるようになります。

掃除の所要時間を「見える化」する

毎日、何時から何時まで掃除をしていますか?
主婦の方なら、午前中という方が多いでしょうし、平日お仕事をする方は、帰宅後や休日にまとめて、という方もいらっしゃいます。物理的なことを言うと、ほこりは夜のうちに床に落ちるので、朝、活動をする前に掃除をすると、効率よくほこりを取ることができます。論理的な理由で掃除を始められればそれに越したことはありませんが、家中のお掃除を午前中に完璧に済ませるのはどんな家庭環境でも難しいものです。
そこで、やりたいこと、できることを「見える化」しましょう。
たとえば、「掃除をするもの」「所要時間」「頻度」のリストを下の表のように作成。日常的に掃除をしなければならないものを徹底的にリストに書き込むようにします。場所別に考えるとより具体的になります。

やりたい掃除リスト

掃除するもの

所要時間

頻度

トイレ(便器)

5分

毎日

トイレ(床拭き)

5分

週1回

家全体の掃除機がけ

15分

週3回

床拭き

20分

2週間ごと

キッチンシンク磨き

10分

毎日

キッチンコンロ磨き

10分

2日ごと

……

 

 

……

 

 

次に、頻度順に見ていきます。まずは、毎日掃除をしたいところから見直しましょう。

毎日掃除したい箇所

掃除するもの

所要時間

頻度

トイレ(便器)

5分

毎日

家全体の掃除機がけ

15分

キッチンシンク磨き

10分

浴槽磨き

10分

洗面所磨き

10分

……

 

 

……

 

 

リストを整理できたら、今度は毎日やりたいことの所要時間を合計します。各ご家庭で生活スタイルが違い、掃除をしたい頻度が異なりますから、ご自身の目安で「毎日やりたいこと」を考えるだけでOKです。上記だけでも合計50分。毎日のルーティンに組み込める所要時間かどうか、考えてみてください。もし、不可能ということなら、掃除頻度を減らすなどの調整をしていきます。整理しながら、頻度が高い順にどんどん整理してください。

掃除に集中する時間・曜日を決める

次に、ご自身の生活リズムに無理のない時間帯に「掃除する!」と決めてしまいます。朝起きてから30分だけ。夕食後の1時間だけなど、一番気持ちよく掃除に集中できるまとまった時間を見つけます。毎日が難しいなら、無理のない曜日を決めてください。まとめて掃除をすると効率が良いものは、できるだけ同じ曜日に設定します。

1週間の掃除計画

(8:30〜9:30、1時間の間で掃除する、等)

掃除するもの

所要時間

頻度

トイレ(便器)

5分

月・水・金

家全体の掃除機がけ

15分

毎日

キッチンシンク磨き

10分

毎日

浴槽磨き

10分

火・木

洗面所磨き

10分

月・水・金

……

 

 

……

 

 

継続するためのコツ

計画を達成できないことがストレスになっては元も子もありませんし、無理のない計画を立てることが一番肝心ですが、できない日があっても許せる心の余裕を持っておくことも同時に大切です。続けていくと習慣化することができますが、できない日があり、次の日でカバーしようなどと後回しして考えるクセがついてしまうと、計画そのものが台無しになってしまいます。
目標設定は、続けること、習慣化することです。計画にそって忠実に遂行しようとすることではなく、習慣化するための計画だとマインドセットしておきましょう。
また、リストを見直すのが煩わしいという方は、掃除計画ができるスマートフォンアプリを使ってみるのも一つの方法です。各デバイスによってさまざまなアプリがありますので、チェックしてみてください。
曜日でアラートがかけられる機能や、ご家族と分業するための共有モードがあるものがあります。ご自身にぴったりのものを見つけてください。

掃除時間を短縮して、ゆとりある生活を

計画が一通り完成したら、習慣づけしながら現状よりも改善されていることを意識してみましょう。新しいことを始めるときには、ご褒美を設定するのが効果的です。自分のために時間が使えることを意識すると、計画を実行するためのモチベーションがUPします。
「午前中に3時間かけていた掃除時間が30分になったので、そのうちの1時間は趣味に打ち込む」
「休日は掃除をしないことに決めて、レジャーや外食を思いっきり楽しむ」など。お稽古事にチャレンジするのも良いですね。
1日の時間には限りがありますから、やるべき家事を効率化して、ご自身のための時間を作るように心がけてください。豊かな生活に直結する計画なら、楽しんで実践できるようになりますよ。

HOT

-なるほど!暮らしと住まいの知恵袋, 暮らし・住まい
-