お金・資産 節約

紙? それともデジタル? 家計簿選びのポイントを簡単解説

kurashino

将来に向けて貯蓄したいと考えていても、何となくやっているだけではなかなかうまくいかないものです。貯蓄をするためには収入と支出をしっかり把握することが大切で、そのためには家計簿を使った収支管理は効果の高い方法と言えるでしょう。

家計簿というと、ノートに手書きでコツコツ記録していくイメージがあるかもしれませんが、いまはさまざまな機能を持つアプリが登場しています。

今回は家計簿をテーマに、紙とデジタルの違いと特徴を解説。これから貯蓄したいと考えている人、お金の管理が苦手な人は、この記事で家計管理と貯蓄のヒントに出合いましょう。

家計簿のポイントは3つ

家計簿をつける目的は「収入>支出」になるように支出をコントロールし、継続的に貯蓄が増える状況を作り、維持していくことです。
まずは、これを実現するための主要なポイントを3つ押さえておきましょう。

【ポイント1】収入と支出の状況を把握する

現状の収入と支出がいくらなのかを把握しておかなければ、「収入>支出」となるようにコントロールすることはできません。その点、家計簿に収入と支出を記録し、一定期間の収支を把握すれば、家計のコントロールがしやすくなります。
その際、収支は一定の項目(食費、日用品費、娯楽費、家賃など)に分けておくことが大切です。初めは大まかに項目レベルで総額をまとめて、大体何にいくらかかっているかを把握するようにしましょう。
お金の大きな流れを把握すると、項目ごとの適切な予算額が見えるようになります。これは計画的にお金を使うことにもつながり、無理なく貯蓄が増える状況を作ることへとつながるのです。

【ポイント2】無駄な支出を特定し、カットする

大まかな収支を把握した後は、「収入>支出」となるようにコントロールしていくことになります。収入を増やす方向で努力するのももちろん良いですが、家計簿と相性が良いのは基本的には支出を抑える方法です。
支出を抑えるためには、無駄な支出を具体的に特定することが大切です。必要のない支出をしっかり認識したあとは、無駄遣いを繰り返さないことを心がけるようにしましょう。
なお、支出には、食費のようにすぐにコントロールできるものと、家賃のようにすぐにはコントロールできないものがあります。いわゆる「固定費」と呼ばれるコントロールが難しいものをどうしようかと考えるのではなく、食費や日用品費、娯楽費といった「変動費」をターゲットにするといいでしょう。

【ポイント3】継続的に収支を把握し続ける

家計簿は、継続的につけていくことが有効です。半年、1年、2年と続けていくと、前月や前年同月との比較ができるようになり、収支の動向を、より効率的にチェックできるようになります。
過去の数字と比較すれば、普段より支出が多い場合はすぐに気づくことができます。さらに、なぜそうなったのかを分析すれば、その支出が必要だったのか余計だったのかをすぐに判断できるでしょう。
なお、家計簿を続けるためには、正確に記録しすぎないほうがよい場合もあります。もちろんいい加減すぎるのはダメですが、100円、200円といった細かなズレに神経質にならず、気楽な気持ちで継続していくことが長続きの鍵です。

紙の家計簿の特徴

ここでは、紙に手書きでつけていく「家計簿ノート」の特徴を見ていきましょう。

家計簿ノートを使う場合は、日々、レシートやクレジットの明細、銀行の入出金明細などを見ながら、項目ごとに手書きで記録することになります。月末にはそれまでに記録した金額を、項目ごとに手で集計します。

家計簿のフォーマットはイチから自分で作ることもできますが、市販されているなかから自分に合ったものを選ぶと記録がしやすくなります。

家計簿ノートの良いところは、すべての支出を記録する際に、自分の目でしっかり確認できる点です。そのため、無駄遣いがあった場合には、家計簿につけるタイミングで「あ、これは余計だったな」とすぐに認識できるわけです。また、月末の集計作業を行うなかでは、全体の収支の状況を自然と把握できるのもポイントです。

家計簿は記録するだけではなく見返すのが大切ですが、自分の手で記録する紙の家計簿だと見返し作業がスムーズになる側面があるでしょう。
「家計簿のポイント2.無駄な支出を特定し、カットする」が、家計簿ノートは得意と言えるかもしれません。

一方、家計簿ノート最大の難点は、自分の手ですべてを記録しないといけないため手間がかかるところにあります。こうした作業が苦にならない人は問題ないですが、面倒に感じて継続できない人もひょっとしたら多いのかもしれません。
「家計簿のポイント3.継続的に収支を把握し続ける」ことが家計簿ノートは弱いと言えるでしょう。正確につけようとしすぎない、市販品を利用するなど、できるだけ負担を減らす工夫をおすすめします。

家計簿アプリの特徴

続いて、スマホやパソコンを使って家計の把握ができる家計簿アプリについてみていきましょう。

家計簿アプリは、フォーマットがアプリごとに決まっており、記録の仕方は「手動入力」と「自動入力」の2パターンあるのが一般的です。集計はアプリが自動で行うので、入力した情報を反映した総額を随時確認することができます。

自動入力の機能はアプリによって異なりますが、たとえばレシートをカメラで撮ったり、銀行口座やクレジットカードとアプリを連携したりすることで金額が反映されます。

有料の高機能アプリを使ってしっかり設定すれば、現金支払い以外はほぼ自動で家計簿をつけることもできます。

家計簿ノートよりも手間がかからないことが家計簿アプリの最大のメリットです。高機能アプリであればあるほど、軽い負担のみで記録し続けることができるでしょう。負担が少なければ継続がしやすくなるので、「家計簿のポイント3.継続的に収支を把握し続ける」の面で家計簿アプリは強いということになります。
そのほかにも、家計簿の記録をグラフで視覚的にチェックできるなど、デジタルならではの機能もあります。

家計簿アプリは種類が豊富なので、自分に合った機能を持ったものを選ぶといいでしょう。

家計簿アプリにもやはりデメリットがあり、家計簿ノートのように記録しながら自然と内訳を把握することには不向きです。また、紙の家計簿は、月末の集計作業のなかで自然と見返しができますが、家計簿アプリは集計も自動で行われてしまいます。そのため、主体的に見返しを行わなければ、記録されているのに何も改善されないということにもなりかねません。

家計簿をつけるうえでもっとも大切なのは「家計簿のポイント2.無駄な支出を特定し、カットする」ことです。意識的に見返す習慣をつけるようにしましょう。

その他、機能が多くなるほど、設定や操作が難しくなります。また、銀行口座やクレジットカードとの連携機能はセキュリティにも関わります。デジタルが苦手な人にとって、これらを理解していくことに少しハードルを感じてしまうかもしれません。

紙とアプリ、それぞれに合う人の特徴は?

大まかにまとめると、家計簿ノートは、自分でひとつずつ記録集計しながら、その都度分析を行って家計を改善していくというイメージです。一方、家計簿アプリは、記録の手間は省かれますが、定期的に分析を行って、それをもとに改善していくことになります。アプリの機能によっては、家計簿ノートに近いものもありますので、それを逆手に取り選択肢にするのも良いでしょう。

このようにアプローチに違いはありますが、紙でもデジタルでも目的や期待できる効果は同じです。両者のどちらか一方が絶対的に優れているということはなく、結局のところ自分が続けやすいものを選ぶのが正解と言えるでしょう。

「私は紙がいい」「私はデジタルがいい」というこだわりがある人は、自分の好きなほうを選べば問題ありません。こだわりのない人は、紙とデジタルのアプローチの仕方を踏まえ、ご自身が実践しやすいほうを選ぶようにしましょう。

HOT

-お金・資産, 節約