お金・資産 将来への備え

電子マネーは生活スタイルで選ぶ! いつものお店で使える1枚を持とう!

kurashino

タッチするだけの決済が便利なのが電子マネー。ただし、オートチャージには気を付けてください。今回主な電子マネーについて、ご自身の生活に合わせた選方をご紹介いたします。

キャッシュレス決済がピンとこない、という人でも電子マネーと聞くといかがでしょうか? 電車に乗る時、改札でピッとするSuicaなどは馴染みがある人も多いでしょう。
交通系の電子マネーはICカードともいい、切符よりも電車賃が安くなります。これは、自動改札機のメンテナンスに、ICカードのほうがコストを抑えられるからです。
お得なうえに、タッチするだけの利便性ゆえ、電子マネーは多くの方が利用しています。

生活スタイルに合わせて、お得な電子マネーを選びましょう。

スタイル

おすすめカード

電車によく乗る

交通系電子マネー
Suica、PASMO、ICOCA

ネットショッピングで
買物をすることが多い

楽天Edy

セブンイレブン、イトーヨーカドーを利用する

nanaco

イオンを利用する

WAON

生活スタイル別おすすめ電子マネー

電子マネーは、基本的に前払い。あらかじめお金を電子マネーにチャージしておき、その範囲内で使える仕組みです。利用するお店や金額に応じてポイントがたまり、ポイントは買物に使えるので無駄がありません。

では、おもな電子マネーの特徴を見ていきましょう。

電車通勤・通学をしているならSuicaなどの交通系電子マネー

首都圏の公共交通機関を利用している人なら、ほとんどの人が持っているのではないでしょうか。何人かで連れ立っての移動の際、「切符を買ってくるからちょっと待ってて」というシーンは見られなくなりました。駅では、あらかじめチャージしてある交通系電子マネー(Suica、PASMO、ICOCA)で、改札口に直行です。
また、交通系電子マネー(Suica、PASMO、ICOCA)は駅の改札口を通る時だけではなく、コンビニ、駅の売店、自動販売機など、使えるところが多いのも便利ですね。

チャージは駅の券売機を使って現金でできるのもわかりやすいポイントです。クレジットカードでオートチャージにしておく方法もありますが、現金をチャージしなくてもお買い物ができますので金銭感覚が麻痺してしまうことがデメリット。後から無駄遣いがなかったか確認しようにも、クレジットカードの利用明細にはチャージとしか記載されませんので、レシートを捨ててしまっていたら何に使ったのか分からずじまいです。
チャージは数千円ずつ、利用は交通費と駅の売店だけにするなど、ルールを決めて利用すると安心です。

Suicaを利用するとJREポイントが貯まりますが、貯めるためにはJRE POINT WEBサイトでの登録が必要です。しっかり登録をして、もったいないことのないようにしておきましょう。
ICOCAも列車の利用や買物でICOCAポイントが貯まりますが、ポイントサービスの利用には利用登録をします。
PASMOも同様に、ポイントを貯めるにはWEBサイトでの登録が必要。メトロの乗車で貯まるメトポ、ポイント還元事業で貯まるポイントはPASMOのキャッシュレスポイント還元サービスのサイト、それぞれに登録が必要です。貯めたポイントは、それぞれの電子マネーにチャージができます。

ネットショッピングにも強い楽天Edy

普段のショッピングにもインターネット通販を利用する人が増えています。その中でも楽天市場は利用者も多く、楽天ポイントを貯めている人も多いでしょう。楽天Edyに自分の楽天IDを紐づけておくと、楽天市場だけではなく、コンビニ、スーパー、ドラッグストアなどでの買物でポイントが、利用金額の0.5%貯まります。
楽天Edyのインターネットサイトで、楽天IDの紐づけを最初にしてから利用しましょう。

よりお得にポイントを貯めるなら、楽天Edyが付帯しているクレジットカード、楽天カードの利用がお勧め。楽天カードから楽天Edyにチャージをすれば、クレジットカードのポイントも貯まって、ポイントの二重取りです。クレジットカードからのチャージは、スマートフォンアプリでもできるので、出先でもチャージがすぐにできます。

貯めた楽天ポイントは、楽天Edyにチャージができます。また、楽天市場や楽天ブックス、楽天西友ネットスーパーでも利用ができます。貯めるポイントは集約すると、まとまった金額になってお得感がアップするのでお勧めです。

セブンイレブン、イトーヨーカドーを使うならnanaco

セブン&アイグループのnanacoは、全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーで使えます。利用金額の0.5%のポイントが貯まり、ポイントはnanacoにチャージして買物に利用可能です。
チャージはクレジットカードでもできますが、現金でも可能。クレジットカードの場合は、nanacoのアプリがから設定できます。現金でのチャージは、レジでもセブン銀行ATMからできるので、使いたい時にすぐチャージできて便利です。

ですから、もしも支払いの時に残高が足りなくても、慌てず「チャージしてからnanacoで払います」と言ってその場で現金チャージすることもできます。
現金で払うよりポイント分がお得ですし、残高不足の気まずさが軽減される、と思うのですがいかがでしょうか。

最近は、コンビニで公共料金の支払いがしやすくなりました。税金や国民年金保険料などが、セブンイレブンであれば現金のほかnanacoでも支払うことができます。
コツコツためたポイントで払うこともできる、と考えるとnanacoの利用価値は大きいと言えます。
近くにイトーヨーカドーがなくても、ネットスーパーなら利用できる店舗があるかもしれません。調べてみて、積極的に利用するのも一案です。

イオングループでお得なWAON

スーパーはイトーヨーカドーよりイオン、コンビニはセブンイレブンよりファミリーマートやローソン、という方にはWAONがお勧めです。WAONはセブンイレブンでは使えませんが、それ以外のコンビニでは利用金額の0.5%のポイントが貯まります。
会員登録をすると、イオンの利用でいつでもポイントが2倍になってさらにお得です。

また、毎月5日、15日、25日はWAONの利用でポイント2倍、毎月15日は55歳以上の方はG.Gカード(グランド・ジェネレーション・カード)に切り替えることで買物代金が5%オフになる、など生活密着型サービスが充実しています。

イオン系列の店舗をよく利用するのであれば、イオンカードセレクトも検討してみましょう。イオンカードセレクトは、クレジットカードとイオン銀行のキャッシュカードとWAONが一体となったカード。WAONのチャージをクレジットカードからすることでポイントが貯まりますし、イオン銀行の金利が優遇されるなどの特典があります。

電子マネーでポイントを貯める、使う

電子マネー

Suica

楽天Edy

nanaco

WAON

iD

QUICPay

ICOCA

支払方法

前払い

前払い

前払い

前払い

選べる

後払い

前払い

独自ポイント

JRE POINT

楽天スーパー
ポイント

nanaco
ポイント

WAON
ポイント

なし

なし

ICOCA

ポイント

還元率

0.5%
モバイルSuicaは2%

0.5%

0.5%

0.5%
イオングループの利用は1%

クレジットカードと同じ

クレジットカードと同じ

買物は0.5%

特徴

JR東日本をはじめ、利用可能な店舗が多い。

チャージと利用でポイント二重取りができる。

セブンイレブン、イトーヨーカドーでの買物でお得。

イオン系の買物でお得なカード。

支払方法が、前払い、即時、後払いから選べる。

利用可能クレジットカードが多く、選択肢が広い

JR西日本を中心に全国チェーン店やコンビニエンスストアでも使える。

各電子マネーの特徴をまとめてみました。
生活圏に合わせて選ぶことで、効率的にポイントを貯められますし、利用価値も高くなります。

ただし、電子マネーにいったんチャージすると、現金化はできなかったり、手数料がかかったりしますので、手元の現金とのバランスをとってチャージをするようにしましょう。

電子マネーの支払方法はプリペイドが一般的

見てきたように、おもな電子マネーは前払い=プリペイド式・チャージ式が一般的です。
しかし、クレジットカードでチャージをすると、クレジットカードの支払いが後払いなので、実際に自分のところからお金が引かれるのは、チャージをした後になります。

クレジットカードからチャージをするとポイントが貯まりますが、家計管理のうえで分かりにくくなってしまうようなら、現金チャージにしておくほうが無難です。
まずは現金チャージからはじめ、慣れてきたらクレジットカードからのチャージでポイント二重取りを狙ってもいいかもしれません。

ただし、オートチャージには気を付けましょう。オートチャージは、電子マネーの残高が一定金額より少なくなると、自動的にクレジットカードからのチャージされるシステムです。
支払の時に残高不足で慌てることは無くなりますが、クレジットカードの請求書を見て予想以上の高額でびっくり、ということにもなりかねません。

まとめ

電子マネーの決済は、タッチをするだけの手軽さが便利ですが、チャージ金額は予算を決めておくと使いすぎを防げます。
電子マネーは複数持ちだとポイントが分散し、管理も行き届かなくなりますので、生活スタイルにあわせて1枚に絞ると効率的です。
ポイントを貯めやすい電子マネーを選び、スマートに使いこなしましょう。

HOT

-お金・資産, 将来への備え