お金・資産 将来への備え

○○Payは何から始める?QRコード決済はスマホだけで簡単に買い物が出来てお得!

kurashino

最近話題の新しいキャッシュレスと言えば、○○Pay、と呼ばれる支払い方法ではないでしょうか。スマートフォンを専用端末にかざしてピッとするだけで支払いが完了し、スマホ決済とも言われています。
スマホ決済はお金のやり取りに手間取らない点が便利ですが、手軽すぎてセキュリティが心配...と思う人も多いかもしれません。実際、2019年7月に登場した、セブン&アイ・ホールディングスの7pay(セブンペイ)は、不正アクセス問題により、わずか3カ月で廃止になりました。
しかし、このことが各社のセキュリティ強化のきっかけになったのか、その後は同様の報道はありません。
スマホ決済はポイント還元や割引クーポンなどが充実していることが多く、上手に利用すれば大変お得です。そこで今回は、スマホ決済の活用方法についてお伝えします。

スマホ決済の、QRコード読み取り型支払方法の始め方

スマホ決済は、クレジットカード決済のようなサインや暗証番号は不要ですが、使いたいQRコード決済の専用アプリをあらかじめダウンロードしておくことが必要です。

ダウンロードは無料で、決済で利用する前に、クレジットカードや銀行口座の情報を登録します。支払いは、登録したクレジットカードでの後払いや、クレジットカードや銀行口座からのチャージができます。
使いすぎが心配な方は、チャージしてから使うほうが、残高管理もしやすくわかりやすいでしょう。
コンビニなどで利用するなら、普段の利用金額にもよりますが、2000~3000円程度のチャージをしておけばいいと思います。いったんチャージすると、現金化は手数料がかかることもあるため、必要十分な金額にしておくことをお勧めします。

チャージをしたら、いよいよ利用です。
支払いに使うには、まずは利用できる店舗であるか、ポスターやレジの案内で確認をします。

支払い方法は2つで、店舗のQRコードをアプリで読み取り金額をご自身で入力する方法と、アプリのバーコード(またはQRコード)を表示させて、お店の方にスキャンしてもらう方法があります。お店の導入機材により支払い方が、異なりますので、支払いの際に、「お店側が読み取ってくれるのか、それとも支払い側がQRを読み取る必要があるのか」をお店の人からの案内に従って、アプリを操作してみてください。

お支払方法①:店舗のQRコードをアプリで読み取る方法

レジにある店舗のQRコードを読み取り、金額を自分で入力します。金額を間違えるとエラーになり、間違えた金額を支払ってしまうことは基本的にありません。
正しく入力して決済が完了したら、レジのスタッフが画面を確認して支払い完了です。

お支払方法②アプリのバーコード(またはQRコード)を表示させる方法

コンビニエンスストアやドラッグストアなど、バーコードをスキャンできるレジがある店舗で使えます。レジのスタッフに「〇〇Payで払います」と言って、アプリのバーコード画面を表示させると、スタッフがバーコードを読み取ることで支払いが完了します。

メジャーな○○Pay、それぞれの特徴

では、実際にどのスマホQRコード決済を選べばよいのでしょうか。
それには、アプリの使いやすさ、利用できる店舗の多さ、お得なポイント還元、不正利用への対応を基準にするといいでしょう。使いにくかったり、利用できる店舗が少なかったりすれば、使わなくなってしまいます。そして、せっかく使うならお得なものを選びたいものです。そのうえで、不正利用への対応も万全なら安心して使うことができます。

そこで、メジャーなスマホQRコード決済の、「PayPay」「LINE Pay」「楽天Pay」について、詳しくお伝えします。

PayPay(ペイペイ)

ソフトバンクとヤフージャパンの出資で設立されたPayPay。登録ユーザーは2500万人を突破と公表されています(2020年3月現在)。

アプリの使いやすさ

画面はシンプルで、使いやすく工夫されています。アプリ内でキャンペーンのお知らせもしているので、スキマ時間にチェックをしておくとお得情報を見逃しません。
チャージはセブン銀行ATMから現金でもできますが、ソフトバンク・ワイモバイルを利用しているなら、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」でチャージすることも可能です。

利用できる店舗

コンビニやスーパー、飲食店など、全国200万カ所以上のお店で使えます(2020年4月HPより)。使える店舗はアプリで探すこともできますが、まだ導入していないお店を、アプリ内の「PayPayを使いたいお店リクエスト募集中!」からリクエストすることもできます。

ポイント還元

2020年4月以降、0.5%の還元率です。その他にも、PayPayはさまざまなキャンペーンをしています。2020年4月には、ポイント還元事業5%還元対象店舗で買物をすると、最大10%が戻ってくる「まちかどペイペイ第三弾」や、対象の飲食店で20%戻ってくる「春のグルメまつり」などがあります。
また、Yahoo!プレミアム会員なら対象店舗でさらにポイントアップもあります。アプリ内の「アカウント」→「外部サービス連携」と進み、Yahoo! JapanのIDを登録しPayPayと連携させておきましょう。

不正利用への対応

不正利用について、PayPayは原則全額補償としています。不正利用による損害が発生した日から60日以内にPayPayと警察に届けるなどが必要ですが、もしもの時は、年中無休の電話相談窓口が利用できます。

LINE Pay(ラインペイ)

友人などとの連絡はEメールよりLINEを使う、という人も多いのではないでしょうか。LINE Payは、LINEのアプリから利用できるので、すでにLINEを使っている人ならすぐに始めることも可能です。

アプリの使いやすさ

LINEのアプリを開き、画面下部の右側にある「ウォレット」から始めることができます。LINEでお友達になったLINE Payから、お店で割引ができるクーポンが届いたり、キャンペーンのお知らせが届いたりします。
LINE Payのアプリで、マイカードという機能を使ってよく利用するお店のポイントカード(Tカード、スターバックスコーヒーやPontaなど多数)を登録しておくと、LINE Payでの支払い+ポイントカードの提示でどちらのポイントも貯まります。この機能を使うとポイントカードの管理としても便利です。

利用できる店舗

全国のコンビニやスーパー、飲食店など、国内では133万カ所のお店で使えます(2019年1月発表)。LINEは金融業務を展開し、LINE証券、LINEほけんなどを展開していますので、お店の支払い以外にも利用することが出来ます。

ポイント還元

前月のLINE Payでの利用金額によって、還元率が異なります。
1ヶ月の支払の金額が
10万円以上...2%
5万円~9万9999円...1%
1万円~4万9999円...0.8%
0円~9999円...0.5%
たくさん使えば使うほど高還元率になります。

不正利用への対応

不正利用による損害は、原則として10万円を上限に補償されます。不正利用がわかったら直ちに警察に申告し、遅滞なくLINEにも通知します。LINEへの通知は、損害発生時から30日以内が対象です。

楽天ペイ(らくてんペイ)

楽天市場でショッピングをしたり、楽天銀行に口座を持っていたりなど、楽天のサービスを利用しているなら新しく会員登録をする必要がないので、楽天ペイは始めやすいサービスです。
画面にチャージしてある残高だけなく、ポイントの残高もわかりやすく表示されていて、ポイントでの支払いも簡単です。

アプリの使いやすさ

楽天ペイアプリをダウンロードして起動したら、楽天IDでログインをします。楽天IDを持っていない場合は楽天会員に登録してIDを取得します。その後、支払いに使うクレジットカードを登録してチャージをすれば準備完了です。
支払いは、「クレジットカードの他には楽天銀行からのチャージが選べますが、現金でチャージをしたい人にとってはハードルが高いかもしれません。

利用できる店舗

全国のコンビニ、ドラッグストア、飲食店など街中でも使えますが、オンラインショッピングでも利用できます。楽天市場や楽天トラベルはもちろん、デパートや書店などのオンラインショッピングなど、5000サイト以上で使えます。
2018年決算では、楽天Pay、楽天Edy、楽天ポイントでスマホ決済ができるのは、合計で全国300万スポットであると発表しています。

ポイント還元

買物では、200円で1円分の支払いに使えるポイントが貯まります。クレジットカードの楽天カードと組み合わせれば、カードのポイントも貯まって二重にオトクです。

不正利用への対応

不正利用による損害が発生した時は、60日以内に楽天ペイとともに警察にも届けるなどをして、補償の申し出をすることができます。補償は、不正利用により直接被った損害額になります。

「PayPay」「LINE Pay」「楽天Pay」について比較

 

PayPay(ペイペイ)

LINE Pay(ラインペイ)

楽天ペイ(らくてんペイ)

アプリの使いやすさ

画面はシンプルで、使いやすい。

LINEに慣れていると、より使いやすい。

ポイント残高もわかりやすい

利用できる店舗

200万カ所以上

133万カ所

300万カ所
(楽天Pay、楽天Edy、楽天ポイントの合計)

ポイント還元

0.5%
その他にも、Pさまざまなポイントキャンペーンを実施

0.5%~最大2%
前月の利用金額によって、異なる。

0.5%
200円で1円分の支払いに使えるポイントが貯まる。

不正利用への対応

原則全額補償。
損害発生時から60日以内にPayPayと警察に届けるなどが必要

原則として10万円を上限に補償
損害発生時から30日以内にLINEと警察に届けるなどが必要

原則全額補償。
損害発生時から60日以内に楽天と警察に届けるなどが必要

まとめ

各社とも、不正利用に関してはしっかりと定めていますが、万が一のことを考えると必要な金額をチャージして使うようにすると安心です。
また、補償が受けられるのは、こちらに重大な過失などがない場合です。

パスワードは適切に管理し、外から分かるようにしていてはいけません。スマートフォンにパスワードを書いたシールを貼ったり、電話番号の一部を使ったりなどは避けましょう。

スマートフォンは、今や日常生活に欠かせないアイテムですが、支払いに関することだけではなく、個人情報なども入っています。面倒でも、備えあれば患いなし。
対策をしっかりとって、安全にスマホ決済を利用してください。

HOT

-お金・資産, 将来への備え