お金・資産 将来への備え

そもそもキャッシュレス決済とは?キャッシュレス・ポイント還元事業がお得なワケ

kurashino

2019年10月、消費税が8%から10%に引き上げられました。それにともない始まったのが、キャッシュレス決済のポイント還元事業。これは、対象店舗でキャッシュレス決済による買物をすると、最大5%のポイント還元が受けられるというものです。
ポイント還元事業は、消費税増税による消費の落ち込みを防ぎ、消費者の利便性を向上させるなどの目的によるもので、2019年10月1日~2020年6月30日までの期間限定。
せっかくならこの機会にキャッシュレス決済を利用して、お得にポイント還元を受けたいですね。不慣れな支払い方法には消極的になりがちですが、基本的な仕組みが分かれば、意外と簡単で便利に使えます。
そこで今回は、キャッシュレス決済の基本について、詳しくお伝えします。

そもそもキャッシュレス決済とは?

キャッシュレス決済とは、紙幣や小銭などの現金(=キャッシュ)を使わない(=レス)支払い方法のこと。

ポイント還元事業の対象になるのは、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコード決済などです。
キャッシュレスでも、各種商品券やギフト券での支払いは対象にはなりませんので注意しましょう。

対象となる店舗ですが、5%還元が受けられるのは、小売、飲食、サービスなどの一般の中小店舗、2%還元はコンビニエンスストアなどのフランチャイズチェーンやガソリンスタンドです。
また、AmazonやYahoo!ショッピング、楽天市場などのECサイト(electronic commerce=電子商取引)上の中小店舗も対象になっています。
対象店舗は、マークの表示が目印。支払い前にしっかりチェックしておきましょう。

ポイント還元事業では、マークのある店舗で1万1000円(税込)の商品をキャッシュレス決済で買ったとすると、5%還元なら550円分、2%還元なら220円分のポイント還元が受けられる仕組みです。
同じ品物でも現金で購入したらポイント還元はゼロ。キャッシュレス決済にするだけで還元されるので、利用しない手はありません。

キャッシュレス・ポイント還元事業ホームページより

実は、日本はキャッシュレス後進国。日本では治安がよいため盗難などのリスクが小さく、きれいなお札が出回り、ATMでの引き出しも便利、などといった理由から現金主義が根強いという特徴があります。
経済産業省が2018年に発表した「キャッシュレス・ビジョン」によれば、キャッシュレス決済比率は韓国が89.1%、中国が60.0%、欧米諸国は40~50%ほどであるのに対し、日本は18.4%と低い水準になっています。

各国のキャッシュレス決済比率の状況(2015年)

経済産業省「キャッシュレス・ビジョン 平成30年4月」を基に作図

2020年には東京オリンピック・パラリンピック、2025年には大阪万博が控えています。世界各国から訪れる観光客によるインバウンド消費を後押しするためにも、キャッシュレス決済の普及は急務です。
2025年には、キャッシュレス決済の比率を40%程度にまで引き上げるという目標ですから、今後もますますキャッシュレス化は進んでいくでしょう。

キャッシュレス決済の支払うタイミングは3種類

キャッシュレス決済の場合、その場での現金は不要ですが、代金は支払わなくてはなりません。支払うタイミングによって、キャッシュレス決済は3つの種類に分かれます。

支払うタイミングによるキャッシュレス決済の分類

支払うタイミング

利用方法

代表的な例

後払い(ポストペイ)

決済後に請求書などが届き、口座引き落としや振り込みなどで支払う

クレジットカード

即時払い(リアルペイ)

決済と同時に、紐づけられている金融機関口座などから引き落とされる

デビットカード

前払い(プリペイド)

あらかじめチャージしておき、その範囲内で決済ができる

電子マネー
QRコード決済

後払い(ポストペイ)のクレジットカードは、もっとも古くからあり、馴染みのある人も多いのではないでしょうか。買物の時に現金の手持ちがなくても決済ができ、後から口座引き落としや振り込みなどで支払います。

即時払い(リアルペイ)は、デビットカードに代表される支払い方。買物の時にはクレジットカードと同様に使えますが、決済と同時に、カードと紐づけられている金融機関口座などから即時引き落としになります。

前払い(プリペイド)は、あらかじめチャージしておき、その範囲内で使えます。電子マネーのSuicaやWAON、QRコード決済のPayPayやLinePayが代表的なサービスです。

支払いサービスごとの特徴を把握しよう

では、それぞれの支払い方法ごとに、特徴と注意点について見ていきましょう。

クレジットカード

JCB、VISA、Master Card、American Express、Diners Clubなどがあります。後払いのため、クレジットカードを作るときには信用度などの審査があり、希望しても作れるとは限りません。そのため、クレジットカードの種類によっては持ち主のステータスを表すアイテムにもなります。
支払い方法は一回払いのほか、分割払いやリボ払いが選べ、大きな買物の時にも柔軟に使うことができます。
ただし、使い続けるためには信用を落とさないことが大切。引き落とし日には口座残高を確認し、支払いが遅れないように気を付ける必要があります。支払い遅延が続くと、利用限度額が少なくなったり、以後の利用ができなくなったりする可能性があります。

デビットカード

クレジットカード同様に使えますが、利用する金融機関の口座残高の範囲内でのみ利用可能なので、クレジットカードにつきものの使いすぎを防ぐことができます。また、後払いではないので、デビットカードの発行には審査は不要。申込みから比較的短期間で作れるものメリットのひとつです。
ただし、金融機関の口座に残高がなければ使えません。残高の把握は必須であると言えるでしょう。

電子マネー

交通系のSuicaやPASMO、流通系のWAON、nanacoなど、すでに使っている人も多いでしょう。現金でチャージするほか、クレジットカードからチャージする方法もあります。決済は専用機にかざすだけという手軽さのため、レジで手間取ることもありません。
ただし、いったんチャージすると現金化することは難しいことがほとんど。チャージ後に、手持ちの現金がなくなって困らないよう、計画的に考える必要があります。
かといって、クレジットカードからのオートチャージにすると、いつの間にか使い過ぎてしまうことが少なくありません。

QRコード決済

QRコード決済は、最近増えている決済方法です。PayPay、LINE Pay、Apple Pay、楽天ペイなど数々ありますが、今後キャッシュレス決済が広く普及するにしたがい、淘汰されていくと見られています。
利用するには、スマートフォンにアプリをダウンロードしておく必要がありますが、費用はかからないことが一般的です。
支払うタイミングは、あらかじめチャージをしておく前払いのほか、後払い、即時払いに対応しているアプリもあり、好みや都合などに応じて選ぶことが可能です。
ただ、対応している店舗は今のところ限定的。今後の動向に注目したい支払い方法です。

まとめ

キャッシュレス決済とひと口に言っても、使い慣れているクレジットカードから、新しいQRコード決済まで、多種多様な決済方法があります。
ライフスタイルに合わせて選び、お得に使いこなしていきましょう。

HOT

-お金・資産, 将来への備え