なるほど!暮らしと住まいの知恵袋 トイレ 健康 暮らし・住まい

なるほど! 暮らしと住まいの知恵袋

kurashino

トイレのお掃除は便器本体だけキレイにして完了! という方はいらっしゃいませんか?
「我が家はそうだけど、何か問題があるのかしら?」
「こまめにお掃除しているけれど、最近においが気になる......」
そんなご家庭は要注意です。トイレ空間にはさまざまな汚れが飛び散っているので、定期的にお掃除をしていなければ簡単には落ちなくなってしまいます。とはいえ、専用の強力な洗剤を増やしてしまうのはトイレの美観を損なうので避けたいところです。おうちの中で他にもお掃除に使えるような洗剤なら嬉しいという方は多いと思います。
今回は、頑固なトイレ全体の汚れを、お風呂やキッチンでも活用できる自然派洗剤で落とす方法をご紹介します。

トイレの中で掃除する場所は?

トイレでお掃除しなければならないところは、便器本体だけではありません。壁、床、タンク上の手洗い、収納棚、ドアやドアノブまでしっかり掃除しましょう。特に壁と床は、放置して汚れが落ちづらくなったからといって強力な洗剤を使ってしまうと、クロスなどを傷めてしまうことにもなりかねません。最悪の場合、張り替えが必要になることもあります。
汚れが蓄積する前に、自然派の洗剤でこまめにお掃除しておくことによって、清潔なトイレ空間をキープすることが大切です。

掃除する順番を守って効率よく掃除する

次に、トイレ空間全体を効率良くお掃除するための順番をご紹介します。
トイレ空間の掃除は、『上から下へ』『手前から奥へ』。これが基本です。水まわりの場合、水分や液体が下へ垂れやすいため、下から上へとお掃除すると、何度も同じ箇所をきれいにしなければならなくなります。そして、手前から奥へお掃除する理由は、汚れの強さに関係しています。強い汚れを落とした後の道具で弱い汚れの部分をお掃除してしまうと、汚れが広がってしまうのです。トイレは奥にいくにつれ、汚れが溜まりやすくなりますので、手前からお掃除していきましょう。
具体的には、便器→壁→床、そしてドア側から奥側、の順に行います。
「どこから始めても同じでは?」と考えがちですが、汚れを広げないようにしながら効率的にお掃除するために基本の順番を守ることをおすすめします。

トイレ本体の掃除方法

まずは、便器のお掃除方法です。ここでも『上から下へ』が基本です。タンク→蓋と便座→便器内→それ以下の部分という手順で進めます。
トイレの拭き掃除には、クエン酸が効果を発揮します。便器に付着した主な汚れは飛沫した尿と水アカです。尿汚れのにおいのもとであるアンモニアはアルカリ性ですから、酸性のクエン酸で落とすことができます。クエン酸には静菌作用もあるので、雑菌が気になる便座に活用するのは理にかなっているのです。
用意するものは、水200ml、クエン酸小さじ1程度、そして雑巾とブラシです。スプレーボトルに水とクエン酸を入れて溶かし、クエン酸水を作ります。クエン酸水をスプレーし、便器の上から下へと拭き掃除していきます。日常的な軽い汚れなら、便器内もクエン酸水とブラシでのこすり洗いできれいになります。黄ばみが気になる場合は、トイレットペーパーにクエン酸水を含ませ、汚れの部分に30分ほどパックすると落ちやすくなります。
また、黒ずみの原因となる黒カビが付着している場合には、重曹を粉のままふりかけてこすり洗いします。黒カビは酸性の性質をもっているため、クエン酸では落とせません。アルカリ性の重曹を使うと効果的です。
クエン酸水と重曹だけでは落ちなかった頑固汚れは、後ほど落とし方をご紹介します。

場所

汚れの種類

キレイにする方法

便器(外側)

水垢・尿

クエン酸水で拭き取り

便器(内側)

水垢・尿

クエン酸水で磨き洗い

便器の内側の黒ずみ

黒カビ

重曹でこすり洗い

床・壁の掃除方法

便器がきれいになったら、次に床と壁をお掃除しましょう。
まず、壁は腰くらいの位置までしっかりと拭き掃除します。クエン酸水を壁にスプレーし、上から下へ、雑巾で拭き取ります。男性のいるご家庭では立って用を足すことがあり、水や尿がトイレ空間中に飛沫して汚れやにおいの原因となりますので、定期的にお掃除したいところです。
次に、床も同様にクエン酸水で拭き掃除をしましょう。このとき、汚れが弱い方から強い方へ、手前から奥に拭いていきます。
気になるにおいも、クエン酸の消臭効果が効果を発揮します。
ただし、注意しなければならない点がひとつ。トイレの壁と床がタイルのご家庭では、タイル目地にクエン酸が化学反応を起こす場合があり、変色や劣化の原因になる場合があります。使用する際には、手早くお掃除し、拭き取りを十分に行いましょう。また、できるだけ床や壁を汚さない知恵として、トイレを流す際には必ずフタして、水分や汚れが飛び散るのを防止することをおすすめします。

においが取れない原因と掃除方法

トイレのにおいの原因は、飛沫した尿によるアンモニアが主な原因です。壁と床までクエン酸水でしっかり拭き掃除をすると、においがすっきり取れます。
それでもどこかにおう、という場合は天井と換気扇を疑ってください。アンモニアは酸素より軽いので、天井や換気扇に付着してにおいの温床になっている可能性があります。方法は壁と同じくクエン酸で。換気扇は埃を取り除いてから中性洗剤でお掃除しましょう。

場所

汚れの種類

キレイにする方法

天井

アンモニア

クエン酸水で拭き取り

換気扇

埃など

中性洗剤で洗う

洗剤では落ちなかった、あの部分の掃除方法

汚れを放置してしまって、クエン酸でも重曹でも落ちない......。便器のフチ、放置した便器内の黒ずみ、手洗いボウルの黄ばみなどの汚れは部分によって落ちにくく、お掃除にお困りの方が多いのではないでしょうか。ですが、もう落ちないものだ、と諦めないでください、化学洗剤を使わずにすっきり落とす方法があります。それは、酸素系漂白剤を使用することです。鼻にツンとくる塩素系漂白剤とは違い、自然に優しく無臭でお掃除しやすいのが利点です。
便器内の汚れには、酸素系漂白剤を直接投入し、お湯を入れて放置します。フチの汚れにも、酸素系漂白剤の溶液をトイレットペーパーに含ませパックすることで、すっきり落とすことができます。
トイレタンクの中のお手入れにも酸素系漂白剤が便利です。タンクの中に酸素系漂白剤をそのまま投入し、2時間ほど放置して流すだけで、酸素の力で洗浄できます。ただし、トイレタンクはメーカーによって洗ってはいけないタイプもありますので、お使いの商品のメーカーに問い合わせしてからのご使用をおすすめします。
手洗いボウルの黄ばみには、クエン酸パックやメラミンスポンジが有効ですが、それでも落ちない場合は耐水性の紙やすりがおすすめです。ポイントは3000番という目の細かいものを使うこと。目が粗いものだと陶器に傷がついてしまいますのでご注意を。

場所

汚れの種類

キレイにする方法

便器内

混合汚れ

酸素系漂白剤とお湯を入れ放置。フチの部分にはパック

トイレタンク

黒カビなど

酸素系漂白剤を投入後、2時間放置

手洗いボウル

水垢など

クエン酸パックで落ちない場合、耐水ペーパー3000番でこする

忙しい方はプロにお任せ!

トイレ掃除のコツは、ガンコ汚れになる前にマメに掃除することですが、忙しくてこまめに掃除ができないという方が多いのが現実ですよね。そこで、溜まってしまった汚れを一掃したいときにおすすめのプロのトイレクリーニングをご紹介します。
ダスキンのトイレクリーニングを例に見ていきましょう。

DUSKINのトイレクリーニング

URL:http://www.duskin-art.com/sm/water/sm000100/index.html

放置して落としづらくなった汚れもプロの技で一気に綺麗にピカピカ。お掃除しにくい部分まで掃除してもらえますし、オプションの汚れがつきづらくなるコーティングも魅力的です。
お忙しい方はもちろん、大掃除などで活用するのはいかがでしょうか。

HOT

-なるほど!暮らしと住まいの知恵袋, トイレ, 健康, 暮らし・住まい
-