50代から気をつける病気。予防・対策 健康 病気

物忘れは認知症のはじまり? 危険な物忘れの見分け方と対策を看護師が解説

kurashino

「やろうとしたことが思い出せない」
「せっかくスーパーに行ったのに、欲しいものを買い忘れた」
このようなことが続くと、「最近、物忘れが多くなった」と不安に感じ、「これは認知症の兆しかも」と、つい悪い方向に考えてしまう人もいるかもしれませんね。

日本における認知症の患者数は、2025年には約700万人(高齢者の5人にひとり)になると予測(※)されており、超高齢社会のなか身近な病気として知られています。しかし、物忘れがあるからといって必ずしも認知症とは限りません。一般的な物忘れと認知症による物忘れには違いがあり、それ以外にも症状があります。

今回は、物忘れと認知症の違いや対策について解説します。物忘れが気になる方の参考になれば幸いです。

物忘れとは? 認知症との違いについて

物忘れとは、一時的に過去の出来事や記憶が思い出せなくなることです。原因となる病気がない場合でも起こり得るものですが、一般的には年齢とともに多くなります。一方で、認知症は脳の異常が原因で起こります。脳の神経細胞が壊死したり働きが悪くなったりすることで発症するといわれており、その原因は加齢のほか脳梗塞や事故などによる脳の損傷でも起こります。

一番多い認知症は「アルツハイマー型認知症」です。脳が萎縮し徐々に症状が進んでいきます。次に多いのが、脳出血や脳梗塞といった脳の病気によって発症する「血管性認知症」です(※)。障害を受けた脳の部位によって症状に差があるため、一部の認知機能は正常なままのこともあります。

物忘れと認知症は似ているように思われがちですが、実は明確な違いがあります。
物忘れは、記憶や体験の一部を忘れます。たとえば、「冷蔵庫を開けて何かを取ろうとしたものの、思い出せない」「以前会ったことのある知人の名前を忘れてしまった」などです。

一方、認知症による物忘れは、記憶や体験そのものを忘れてしまいます。たとえば、「冷蔵庫を開けたことを忘れる」「知人に会ったこと自体を忘れる」などです。
物忘れが気になる方は、どのような物忘れをしているのか、確認してみるとよいでしょう。

物忘れを引き起こす要因とは

物忘れの原因は、加齢や認知症だけではありません。以下のような病気の症状として物忘れが現れることもあります。

うつ病、統合失調症などの精神疾患

うつ病はさまざまな要因からストレスを受けたことにより、脳がうまく働かなくなる病気です。統合失調症も精神疾患のひとつで、脳の働きが低下することで幻覚や幻聴が現れます。これらの病気になると、理解力や記憶力が低下します。

更年期障害

更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し、閉経が始まる前後10年間に現れるさまざまな症状をいい、代表的なものにのぼせや動悸、不眠などがあります。この症状のひとつに記憶力低下があり、更年期障害が現れやすい年齢が50歳前後であることから認知症を疑う方もいます。

甲状腺機能低下症(橋本病)

甲状腺機能低下症は、自分のからだの組織を攻撃してしまう自己免疫疾患のひとつで、甲状腺ホルモンの減少により発症します。症状には、眠気やだるさ、記憶力低下があります。

慢性硬膜下血腫や水頭症などによる脳の圧迫

慢性硬膜下血腫とは、ケガや事故などが原因で脳を覆っている硬膜の下に血が溜まることです。水頭症は、脳脊髄液の循環障害により、脳に圧力がかかります。どちらも脳を圧迫することで脳の機能が正常に働かなくなり、認知症のように物忘れが現れることがあります。

薬による影響

薬による影響で、意識が朦朧としたり記憶力が低下したりすることもあります。たとえば、抗精神病薬や睡眠薬、気管支拡張剤など、さまざまな種類の薬が該当します。複数の病気を抱えていて2カ所以上病院を受診している場合は特に注意が必要です。薬が重複していることも考えられるため、「お薬手帳」の活用が重要になります。

物忘れだけじゃない! 認知症の症状

物忘れは認知症の代表的な症状ですが、それだけではありません。認知症になると、物忘れのほかに以下のような症状が現れます。

  • 季節や曜日が分からなくなる
  • 料理や仕事の段取りが悪くなり、スムーズにできなくなる
  • 外出したとき、家までの道のりが分からず迷ってしまう
  • 着替えの仕方が分からなくなり、服の前後や裏表を間違えて着てしまう

上記の症状は「中核症状」と呼ばれ、脳の神経細胞が働かなくなることで起こる認知症の主な症状です。

厚生労働省 「政策レポート 認知症を理解する」の情報をもとに作図

また、認知症の特徴として「行動・心理症状(BPSD)」があります。行動・心理症状とは、中核症状に加えて患者本人の性格や環境によって変化する症状です。そのため、現れる症状や程度には個人差があります。具体的には下記のようなものが考えられます。

  • 不安や孤独感が強くなる
  • イライラしやすくなり、暴力的になる
  • 幻覚や妄想があり、聞こえないはずの声が聞こえたり「財布が盗まれた」と家族を疑ったりする
  • これまで好きだったことに興味がなくなり、憂うつな気分になる

物忘れと認知症の予防法と治療法

ここまで物忘れと認知症について詳しく見てきましたが、「できることなら予防したい」とは誰もが思うことでしょう。しかし、物忘れと認知症は、「これをすれば防げる」という明確な方法がありません。他の病気にも通じることですが、「バランスのとれた食事」「適度な運動」「十分な睡眠」といった健康的な生活習慣が基本です。認知症は脳の病気ですが、高血圧や糖尿病などの生活習慣病との関連も指摘されています。日々の生活習慣を整えることが大切と言えるでしょう。

なお、認知症の治療法ですが、アルツハイマー型や血管性の認知症を根本的に治す治療法はありません。薬はありますが、完治させるものではなく症状の進行を遅らせるためのものです。行動・心理症状(BPSD)に対しては、症状の程度に応じて抗精神病薬や抗うつ薬を使用することもあります。

認知症の治療で大切なポイントは、できるだけ早い段階で気づき治療を始めることです。
認知症には、「軽度認知障害(MCI)」という状態があります。これは、正常な状態から認知症に移行する前の段階のことで、認知症のように生活に支障をきたす状態ではありません。「最近物忘れが増えたな」「いつもと違うな」と感じたら、念のため病院を受診することをおすすめします。

認知症は高齢者の病気ではなく、「若年性認知症」といって65歳未満で発症する場合もあります。「自分はまだそんな歳じゃないから」「これくらいの症状で病院にかかるのは億劫だ」など思うかもしれませんが、受診した結果、認知症でないなら安心できます。気になる方は、まず病院を受診しましょう。
対応する診療科は、脳神経内科や精神科が主ですが、最近では認知症外来や物忘れ外来など物忘れに特化した診療科もあります。近くの病院を検索してみてください。

まとめ

一般的な物忘れと認知症による物忘れは似ているように思われがちですが、認知症の場合は「記憶や体験そのものを忘れてしまう」のが大きな特徴であり、それ以外にも行動・心理症状が現れる場合もあります。物忘れがあるからといってすぐに認知症だとは判断せず、まずは最近の生活の様子を思い出してみましょう。そして、気になることがあったら病院を受診しましょう。

健康的な生活習慣を基本にしつつ、違和感が出てきた場合は早めの病院受診を心がけ、いつまでもイキイキとした毎日を送りましょう。

HOT

-50代から気をつける病気。予防・対策, 健康, 病気