健康 病気

除菌と消毒の違いは? 抗菌に意味はない? 気になる疑問を薬剤師が解説

kurashino

新型コロナウイルス感染症の流行にともない、「除菌」「抗菌」をうたう製品を見かけることが多くなりました。しかし、どのくらい効果を期待できるのか、きちんと理解しないまま、何となく使用している人もいるのではないでしょうか。

今回は、「除菌」「殺菌」「滅菌」「抗菌」と「消毒」の本来の意味と違いに迫り、新型コロナウイルスに効果が期待できる消毒・除菌方法を紹介します。

「除菌」「殺菌」「滅菌」「抗菌」「消毒」の定義

まず、菌制御関連の用語に関する定義から見ていきましょう。言葉のイメージとのギャップにも注目してみてください。

除菌

除菌は「菌を取り除く、数を減らす」ことです。菌を取り除くことができれば「除菌」であり、取り除く微生物の種類や程度に決まりはありません。
もっとも各種業界団体が独自の基準を設け、消費者の誤解をまねかないように表示などを工夫しています(例:「すべての菌を除菌するわけではありません」などの表示)。
ちなみに菌を取り除くことを目的としている手指洗浄や掃除なども、広い意味では「除菌」といえます。

殺菌

殺菌は「菌を殺す」ことです。菌を殺すことができるのであれば、ターゲットとなる微生物の種類や数は問われません。
なお、薬機法(旧:薬事法)により、「殺菌」と表示できるのは医薬品や医薬部外品に限られています(例:消毒薬、薬用石けんなど)。家庭用洗剤や漂白剤などの雑貨品は、殺菌作用があっても「殺菌」と表示できないため、「除菌」という表現がよく使われています。

滅菌

滅菌は「あらゆる微生物を死滅・除去する」ことです。国際基準(※1)では、「滅菌前の状態から、微生物の数を100万分の1以下に減らすこと」を言います。
ドラッグストアなどでは「滅菌ガーゼ」などが販売されていますが、開封すれば菌やウイルスの付着が避けられません。また、滅菌をうたう製品を使って掃除をしても、滅菌効果は得られません。

抗菌

抗菌とは、「菌の増殖を抑える」ことです。日本産業規格(JIS)では、製品表面における細菌の増殖割合が100分の1以下の場合に「抗菌効果がある」としています。
ただし「抗菌効果あり」であっても、それはあくまで菌が増殖しにくい環境であること意味するだけで、菌を殺したり取り除いたりする効果はありません。また、経済産業省の定義によると、抗菌の対象となるのは細菌のみで、ウイルスは対象外となっています(※2)。

消毒

消毒は「病原性のある微生物を死滅・除去させて害のない程度まで減らしたり、感染力を失わせたりする」ことです。すべての微生物を殺したり取り除いたりするわけではありませんが、人体に有害な微生物に対する抑制効果が期待できます。なお、薬機法の規制により、「消毒」の表示も医薬品や医薬部外品にしか使えません。

 

▼菌制御関連用語の意味と生活者が抱くイメージとのギャップ

実際の意味

生活者のイメージ

乖離度

除菌

菌を取り除くこと・数を減らすこと。取り除く微生物の種類や程度に決まりはない。

大部分の菌を除去すること。身体や健康を害する菌を除去すること。

殺菌

菌を殺すこと。対象となる微生物の種類や数は問われない。

すべての菌を死滅させること。

滅菌

あらゆる微生物を死滅・除去すること。

すべての菌を死滅させること。

抗菌

菌の増殖を抑えること。菌を殺したり取り除いたりする効果はない。

菌の増殖を抑えること。身体や健康を害する菌の増殖を抑えること。

消毒

病原性のある微生物を死滅・除去させて害のない程度まで減らしたり、感染力を失わせたりすること。

大部分の菌を死滅・除去すること。身体や健康を害する菌を死滅・除去させること。

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)「石けん洗剤知識>石けん洗剤の基礎>「滅菌・殺菌・除菌・抗菌」などの用語」を参考に筆者作成

コロナ対策には何をどう使えば良いのか?

「除菌」「殺菌」などの表示があっても、すべての病原性微生物を取り除いたり殺したりできるわけではないことを、ここまでお読みになってお分かりいただけたことと思います。なかには新型コロナウイルスに効果が期待できるものもありますが、それはごく一部に限られます。また、「〇菌」という表示を鵜呑みにすると、かえって感染症対策がおろそかになってしまうリスクも否定できません。やみくもに使用するのではなく、新型コロナウイルスに対する有効性が証明されている成分を含む製品を選ぶようにしましょう。

なお、新型コロナウイルスに対する有効性が証明されている成分や製品のリストは、「独立行政法人 製品評価技術基盤機構」の公式サイトで公開されています。

上記リストに掲載されている製品のなかには入手困難なものもあります。多くの人の手に行き渡るよう使う分だけを購入するようにし、買い占めるような行為はぜひとも控えるようにしたいものです。

なお、手指など人体に直接用いる製品は、品質や有効性・安全性が確認されている医薬品や医薬部外品を使うようにしましょう。食器類などは熱湯でコロナ対策ができます。うまく使い分けることも大切です。
詳しくは、厚生労働省ウェブサイト「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について」を参照するとよいでしょう。

日頃の対策で感染症を封じ込めよう!

今回ご紹介した感染症対策は、あくまで新型コロナウイルスに対するものです。ノロウイルス感染症などは別の対策が必要となるため、ご承知ください。
ただ、感染者と直接触れあったり、汚染されている物品をさわったりすることで、ウイルスなどに感染する接触感染の経路を遮断する手段として、手指洗浄や物品の除菌・消毒は非常に有効です。日頃の感染予防として、こまめな手洗いや掃除などは欠かさないようにしましょう。

長引くコロナ禍で、ときには気がゆるんで感染症対策がおざなりになってしまうこともあるかもしれません。しかし、新型コロナに限らず感染症は流行をくり返すものです。基本に立ち返り、いま一度感染症対策を徹底しましょう。

HOT

-健康, 病気,