健康

安心安全な暮らしのために。眠くなる薬の基礎知識を抑えておこう

kurashino

やらないといけないことがたくさんあるのに、薬の副作用で頭がぼうっとして思うようにからだが動かないことがあります。仕事に手がつかなくなったり、からだが重くて家事が億劫になったりと眠気の害はさまざまです。飲んでいる薬の種類によっては、車の運転もできません。

眠くなりやすい薬は、風邪薬や鼻炎薬に多く見られます。そのため、用事がある日は、あえて薬を飲まないようにしている方もいるかもしれませんね。しかし、風邪薬や鼻炎薬であっても使われている薬の成分によっては、さほど眠気が出ないものもあります。

薬の眠気で生活に支障が出てしまうことは少なくありません。より充実した生活を送るためにも、眠気が出にくい成分を知っておくと便利です。

そこで今回は、風邪薬や鼻炎薬のなかでも眠気が出にくいお薬、そして意外にも人によって眠気が出てしまうお薬などについてご紹介します。

風邪薬や鼻炎薬には眠くなる薬が多い

一般的に眠くなることで知られているお薬には、風邪薬と鼻炎薬があります。どちらも人によっては強い眠気が出て、日中にぼうっとしてしまう方が少なくありません。
次の表は、運転を控えるようにと言われているお薬の成分一覧です。

薬の種類

成分名

風邪薬、鼻炎薬、咳止め、睡眠導入剤

抗ヒスタミン薬(塩酸ジフェンヒドラミン、クレマスチンフマル酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩など)

解熱鎮痛薬

ブロモワレリル尿素

アリルイソプロピルアセチル尿素

下痢止め

塩酸ロペラミド

胃薬

臭化水素酸スコポラミン

酔い止め

塩酸メクリジン

風邪薬や鼻炎薬のほかにも、下痢止めや胃薬でも眠くなるものがあります。鎮静成分である「ブロモワレリル尿素」や「アリルイソプロピルアセチル尿素」が含まれている解熱鎮痛薬も眠くなるお薬として知られています。

では、これらのお薬を飲むとなぜ眠くなってしまうのでしょうか。ここでは風邪薬や鼻炎薬を飲んだときに眠くなる原因となりやすい、抗ヒスタミン薬の仕組みについて紹介します。

抗ヒスタミン薬は名前のとおり、ヒスタミンのはたらきをブロックするお薬です。ヒスタミンはくしゃみや鼻水、鼻詰まりなどを起こすため、そのはたらきを阻害することで風邪や花粉による不快な症状を抑えられます。
しかし、ヒスタミンには不快な症状を起こすだけでなく、脳を覚醒させるはたらきも持っています。そのため、抗ヒスタミン薬を飲むと、脳の覚醒作用がはたらきづらくなり、眠気が出てしまうのです。また、眠気のみならず、集中力や判断力も低下することが特徴です。抗ヒスタミン薬の入ったお薬を飲むと、からだが重だるくなり、思うようにからだを動かせなくなるのは、これが理由です。

ただし、すべての抗ヒスタミン薬に、副作用として強い眠気があるわけではありません。種類によって、ヒスタミンのはたらきをブロックする効果が異なります。ヒスタミンをブロックするはたらきが強ければ強いほど、眠くなる力も強いことが特徴です。

脳内にあるヒスタミン受容体をブロックするお薬は、とても眠くなりやすいことで知られています。主に「第一世代」の抗ヒスタミン薬が該当します。抗ヒスタミン薬は作られた時期によって世代が分かれており、昔からあるものが「第一世代」、比較的最近になって作られたものが「第二世代」です。

第一世代の抗ヒスタミン薬

第二世代の抗ヒスタミン薬

  • ジフェンヒドラミン塩酸塩
  • プロメタジン酸塩塩
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩

第一世代ではあるものの、眠気は出にくい

  • クレマスチンフマル酸塩
  • エピナスチン塩酸塩
  • アゼラスチン塩酸塩
  • セチリジン塩酸塩
  • メキタジン

もっとも眠気が出にくい

  • フェキソフェナジン塩酸塩
  • ロラタジン

市販の風邪薬に含まれている抗ヒスタミン薬は、ほとんどが第一世代のものです。そのため薬局やドラッグストアで購入する場合に、眠くなる成分をできるだけ避けたいのであれば、「クレマスチンフマル酸塩」が使われているものを選ぶとよいでしょう。なお、第二世代なら、「ロラタジン」や「フェキソフェナジン塩酸塩」が使われているものが適当です。

このようにお薬の成分によって眠くなりやすいか、そうでないのかが決まっています。抗ヒスタミン薬が入ったお薬をご自身で買う際は、ぜひ「薬の世代」に注目してみてください。

実はロキソニンも眠くなるお薬

解熱鎮痛薬のなかにも眠気が出やすいものがあります。鎮静成分の「ブロモワレリル尿素」や「アリルイソプロピルアセチル尿素」の入ったものが代表的です。
しかし、これらが入っていないのに、人によって眠気が出るお薬に「ロキソニン」があります。ロキソニンの副作用を調べてみる(※)と、「服用した方のうち0.1%で眠気が見られた」とあり、抗ヒスタミン薬のような眠くなりやすい成分が入っているわけではないのに、眠気が副作用として出ることが分かっています。

眠くなるかどうかは完全に体質によるものですが、これまでにロキソニンを飲んで眠くなった経験がある方は、副作用が出ていたことが考えられます。このように、風邪薬でも鼻炎薬でもなく、鎮静成分が入っているわけでもないのに眠くなることがあるのです。

ロキソニンには鎮静成分が入っていないと話しましたが、市販薬のロキソニンを使う場合は話が変わります。薬局やドラッグストアで、OTC医薬品(処方箋がなくても購入できるお薬)として売られている3種類のロキソニンのうち、「ロキソニンSプレミアム」には、眠気が出やすい鎮静成分である、アリルイソプロピルアセチル尿素が含まれています。市販で購入する際は配合成分を確認するようにしましょう。

眠くなる薬は意外と多い! 生活に支障をきたさないように注意しましょう

眠くなるお薬は意外と多くありますので、日常生活に支障が出ないよう気をつける必要があります。眠気が気になるときは、処方してもらうときに「眠気が出にくいものが良い」とお願いすれば、配慮してくれます。薬局やドラッグストアに売ってあるお薬を購入する場合は、眠気が出やすい成分が入っていないものを選びましょう。

総合風邪薬の多くに抗ヒスタミン薬が入っています。抗ヒスタミン薬は鼻水や鼻づまり、咳を抑えるために入っているものです。これらの症状がない場合は、あえて総合風邪薬を買わずに症状に特化したお薬、たとえば解熱鎮痛剤やのどの痛みを抑える専用のお薬などを選べば眠くなる成分を避けることができます。

本来なら不必要なはずの抗ヒスタミン薬を飲んで眠気に悩んでいる方も多いのが現状です。本当に必要なお薬を選び、上手にお薬と付き合いましょう。

HOT

-健康