健康

歯科医が徹底解説。50代からでも歯列矯正できる?

kurashino

皆さんは、今までご自分の「歯並び」を気にしたことはありますか?
出っ歯や八重歯、ガタガタの歯並びがずっと気になっていたけれど、仕事や育児で忙しくて何もできずに、50代に突入。「このまま一生この歯並びと付き合うのだろうか」「もしかしたら全部被せものやインプラントにしなくてはならないのかもしれない」とあきらめていませんか?

実は歯並びをそのままにしておくと、歯みがきが難しくなるため、歯周病になりやすくなったり、かみ合わせに問題があると、顎が痛くなったりしてしまうこともあります。何より、食事をよく噛めない、食事が楽しめないということも起こってしまいます。

では、歯並びはどのようにすれば治るのでしょうか?
ご存じの方も多いと思いますが、歯並びは、歯科で歯列矯正治療を受けることで改善できます。
もう年齢的に無理だろうとあきらめている方もいるかもしれませんが、何歳以上だから矯正できないということはありません。歯と歯茎の状態が良ければ、50代で歯列矯正することも可能です。

今回は、歯並びが気になったことがある50代の方のために、「歯並び」を治療するメリット・デメリット、治療方法・費用、中高年以降で矯正治療する際の気をつけるべきポイントについて、歯科医師がわかりやすく解説します。

歯並びが悪いことのデメリット

「歯並び」とは、その言葉の通り、歯の並びかたのことです。歯並びが整っていないことを「不正咬合」と呼びます。
不正咬合には、出っ歯、受け口、開咬(上と下の歯が噛んでいないさま)、八重歯、乱ぐい歯(叢生)などさまざまな種類があります。これらをそのままにしておくと、見た目、機能的、歯とお口の疾患など、以下のようなさまざまな問題が起こります。

歯とお口の疾患の問題

歯がデコボコとしていることで、毎日のセルフケアである歯みがきがしにくくなり、磨き残しをしやすくなります。そうすると、口臭、虫歯の原因、歯周病の原因になることがあります。

大事なことなので、虫歯や歯周病がどのように起こるかを説明しましょう。 
歯みがきの目的は、歯や歯茎に付いた「プラーク」という細菌の塊を除去することです。歯に付いたプラークの中の細菌が糖を分解すると、酸が産生されます。その酸により歯の表面が溶けることで「虫歯」となっていきます。
プラークは除去されずにいると、そのうち石灰化して「歯石」という固い塊になり、歯周病の原因となります。歯石になると、セルフケアで取り除くことは難しくなり、歯科医院でのケアが必要です。

機能的な問題

歯の位置が安定しないことは、さらなる歯並びの悪化、かみ合わせの悪化を招くことがあります。適切な位置でしっかりと噛んで食事をすることが難しくなると、顎(顎関節)にも悪影響を起こすこともあります。また、発音がしにくくなることで、コミュニケーションに問題が出ることもあります。よくある例で言えば、「さ行」の発音が上手にできないなどです。
このほか、出っ歯や受け口など、歯や骨の位置が問題で、唇が閉じることができないこともあります。そうすると、転倒したときに前歯を折りやすかったり、歯や唇が乾き、歯が着色しやすかったりすることがあります。

見た目・心理的な問題

話したり、笑ったりするときに口から歯が見えますが、歯並びに自信のない方は、この時に口もとを手で覆ってしまう、写真を撮るときに笑えないなど、心理的なコンプレックスを持つ方も少なくありません。「歯を見せて笑うことができない」という悩みは、我々歯科医師も、患者さんからよく耳にする話です。

歯並びが悪いことのデメリット

歯とお口の疾患の問題

虫歯、歯周病、口臭、さらなに歯並びの悪化

機能的な問題

噛めない、発音しにくい、唇が閉じられない、顎関節への影響、嚥下しにくい

見た目・心理的な問題

歯と口元の審美性の問題、コンプレックス、コミュニケーションに支障が出る

歯列矯正で歯並びを改善することのメリット

歯並びが悪いと、虫歯、歯周病、だけではなく見た目、心理的、食事の問題まで引き起こす場合があります。
歯並びを歯列矯正で治療することは、かみ合わせや歯の病気の予防、口と歯の健康向上だけでなく、よく噛むことができる、見た目や機能的な心理的コンプレックスを取り除けるといった、QOL(Quality Of Life)の向上も期待できるでしょう。

50代からの矯正治療で気をつけるべきポイント

繰り返しになりますが、「何才だから矯正治療ができない」というような年齢制限はありません! しかし、治療を考える前に中高年ならではの気をつけるポイントもあります。3つのポイントをご説明します。

1.歯と骨は健康な状態?

矯正治療に年齢制限はないものの、歯と骨の状態に問題がないことが必要です。
厚生労働省の資料によると、年齢が上がるにつれて歯周病の罹患率は高くなることが分かっています。
たとえば重度の歯周病などでは、矯正治療の実施が難しいことがあります。なぜなら、矯正治療は歯に力を加えて、歯を支える骨のなかで歯を動かしていきます。そのため、歯周病で、健全な骨自体が減っている、または状態が良くない場合は、矯正治療の実現は難しいといえます。

厚生労働省「歯周疾患の有病状況 | e-ヘルスネット」の情報を基に作図

2.歯の本数は十分? 現在の被せものは何?

年齢制限がないといっても、残りの歯の本数が2,3本しかないなど極端に少ない場合は、物理的に矯正治療をすることが難しい場合もあります。また、歯の本数が少ない方の場合は、ブリッジや義歯、インプラント等を既に使用していることでしょう。ブリッジやインプラントは矯正では動かせません。被せものが大規模な場合ほど、やり直しが大変(治療・期間・費用)になるため、主治歯科医とよく相談して決めることが重要です。

3.全身状態は良好?

歯科矯正の一般的な治療期間は、年齢や症状により異なりますが、装置をつける期間は2〜3年となります。一般的には、成人の治療は、若年者よりも治療に時間がかかることがあります。治療で通うペースは1カ月に1回です。また、歯列矯正中は歯の表面に装置を接着するため、普段よりも歯みがきが難しくなります。そのため、今後2~3年のうちに、全身疾患による長期の入院、さらには寝たきりになることが考えられる場合は、矯正治療の開始を慎重に検討する必要があります。
万が一、長期の入院になった場合に、往診などの歯科医院に、装置を除去してもらえるよう手配できるか、口腔内のケアや歯科医師の手配をできるご家族がいるかなどを考えておきましょう。

また、一般的な歯の表側につける矯正装置は、金属を使用しています。頭頸部に疾患等があり、定期的にCTやMRIでの検査を行っている方の場合は、診断に影響を及ぼす場合もありますので、主治医の先生と歯科医師に相談したほうが良いでしょう。

50代からの矯正治療の方法・費用

矯正治療の方法

矯正治療で、一般的に使用する装置は、歯の表側からつける「マルチブラケット装置」が一般的です。ひとつひとつの歯に歯科用の接着剤で装置をつけ、そこにワイヤーを通し、ワイヤーに沿って歯を動かしていきます。このほか、歯の裏側につける「舌側矯正装置」、使用できる症例は限られますが、マウスピース型の矯正装置などがあります。

矯正治療の費用

一般的な歯科矯正治療は医療保険が適用されず、自費診療になります。(一部保険での矯正治療が可能な疾患もあります。)費用は、初診から矯正歯科治療後の保定期間までも含めた一般的な総額で80~120万円程度かかるとされています。
一般的に、年齢で値段が変わることはありませんが、比較的重度の不正咬合や、治療期間が長くかかる場合は、費用がよりかかることも考えられます。これらに加え、被せもののやり直し等が必要な場合は、別途、被せもの等の治療費用がかかることは先述のとおりです。

矯正治療は保険外治療 医療費控除をできることも

矯正治療は保険が効かないため、比較的高額になります。しかし、確定申告の際に、医療費を申告すれば税金の一部が戻ってくる「医療費控除」が、矯正歯科治療でも対象になることもあります。以下、国税庁ウェブサイトからの引用です。

歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。しかし、同じ歯列矯正でも、容ぼうを美化するための費用は、医療費控除の対象になりません。

国税庁 No.1128 医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例

つまり、美容目的の歯列矯正は対象外です。 医療費控除の対象となるかどうかは、矯正を担当する歯科医院に確認してみましょう。

まとめ

歯と骨の状態をはじめ、治療を実施するうえで現実的な問題がなければ、50代での歯列矯正は可能です。

歯並びを改善することは、歯と口の健康の向上だけでなく、心理的なコンプレックスの解消、食べる楽しみの増幅、そしてこころの豊かさにもつながり、よりよい人生にできる可能性があります。

年齢によって基本的な矯正の治療内容は変わりませんが、中高年以降になると、歯周疾患、全身疾患等、一定期間での治療を行うにあたって気をつけておくべきポイントがあります。歯や全身状態にトラブルや制約が出てくると治療が難しくなってきますので、矯正治療をいつかしたいと思っている方は、思い立ったらなるべく早めに歯科医院に相談することをおすすめします。

HOT

-健康