健康 病気

市販薬と処方薬は何が違う? 市販薬を利用する際の注意点を解説

kurashino

市販薬と病院などで処方される薬は、いったい何が違うのだろう、と思ったことはありませんか? 病院などで処方される「医療用医薬品」は、医師による処方が必要なものがほとんどで、「処方薬」と呼ばれることもあります。

処方薬の主目的は、当然のことながら病気や症状の治癒・改善です。しかし、劇薬や毒薬に分類されるものも多く、薬によっては副作用発現率が高いため、医師や薬剤師によるフォローが欠かせません。また、同じ病気(たとえば高血圧や糖尿病など)であっても、年齢や生活背景、症状などに応じて細かな薬剤選択がなされることが多くなっています。

一方、市販薬は何よりも安全性を重視してつくられているのが特徴です。処方薬に比べると効き目がマイルドで、病気の初期段階や軽い症状に使うことを目的としています。そしてかぜ薬などは、子どもから大人までだれもが使えるように、用量が工夫されていることも少なくありません。

なお、市販薬は「OTC」と呼ばれることもあります。OTCとは、Over The Counterの略で、「医師の処方がなくてもカウンター越しに助言を受ければ購入できる薬」という意味があります。

市販薬と処方薬の違い

 

市販薬

処方薬

入手方法

薬局などで購入。

医師の処方が必要。院外処方せんの場合は、調剤薬局で薬剤師から受け取る。

使用方法など

同梱の添付文書などで確認。薬剤師による情報提供が必須とされているものもある。

医師・薬剤師から説明を受けて使用。

薬剤の効果

一般的に処方薬よりマイルド。

一般的に市販薬より強め。

副作用

比較的安全とされるが、リスクの高いものは薬剤師による情報提供が必須。

副作用発現率の高い薬剤もある。

しかし、最近は処方薬と同成分の市販薬も販売されています。
そこで今回は、市販薬と処方薬の効能効果の違いのほか、市販薬を使う際に注意すべき点、そしてどのような場合に病院などを受診すべきかについて解説します。

市販薬と処方薬では同成分でも効能効果が異なる場合がある

前述のように、処方薬は医師の処方がなければ入手できません。しかし「スイッチOTC」と呼ばれる一部の市販薬は、処方薬と同じ成分が配合されています。「スイッチOTC」とは、医療用から一般用に転換(スイッチ)された医薬品のことです。

ただし、市販薬と処方薬では、商品名が似ていても配合されている有効成分の内容や効能効果が異なる場合もあります。
たとえば、処方薬である「ロキソニン錠60㎎」の場合、有効成分は「ロキソプロフェンナトリウム水和物」のみです。しかし、市販のロキソニンシリーズには、ロキソプロフェンナトリウム水和物以外の成分が含まれているものもあります。また、市販薬のほうは使用回数や使用目的も限定されています。

このように、市販薬の使用内容が制限されているのは、副作用の発生を防ぐためだけではありません。漫然と使用することで、ほかの重大な病気の見落としを防ぐためでもあります。
ロキソニンシリーズに限らず、市販薬を使用しても症状が改善しない場合は病院などを受診して、医師の診断を受けることをおすすめします。

処方薬の「ロキソニン錠60㎎」と市販薬の「ロキソニンシリーズ」の違い

製品名

処方薬

市販薬

ロキソニン錠60㎎ ※1

ロキソニンS ※2

 

ロキソニンSプラス ※3

ロキソニンSプレミアム ※4

成分

ロキソプロフェンナトリウム水和物

ロキソプロフェンナトリウム水和物

 

ロキソプロフェンナトリウム水和物

酸化マグネシウム(胃の粘膜を保護する成分)

ロキソプロフェンナトリウム水和物

アリルイソプロピルアセチル尿素(鎮痛効果を高める)

無水カフェイン(鎮痛効果を助ける)

メタケイ酸アルミン酸マグネシウム(胃粘膜を保護する)

効能効果

  1. 下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
    関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛
  2. 手術後、外傷後、抜歯後の鎮痛・消炎
  3. 下記疾患の解熱・鎮痛
    急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛・悪寒・発熱時の解熱

用量用法

1.2.の場合:成人に1回1錠、1日3回。頓用の場合は、1回1〜2錠。年齢、症状により適宜増減。

3.の場合:成人1回1錠を頓用。年齢、症状により適宜増減。ただし、原則として1日2回までとし、1日最大3錠まで。

 S、Sプラス:15才以上、1回1錠

 Sプレミアム:15才以上、1回2錠

いずれも1日2回まで。ただし、再度症状があらわれた場合には3回目の服用も可。服用間隔は4時間以上あける。

市販薬を使う際に注意すべきこと

ここからは、市販薬を使用する際に注意したいポイントをまとめます。

対象年齢や用量用法を確認する

市販薬を使用する際には、対象年齢や用量用法を必ず確認しましょう。特に小児用の薬は使用年齢が厳しく定められているので、購入前に確認することをおすすめします。また、用量用法を勝手に変えると、効果が十分にあらわれなかったり、副作用が生じたりすることもあります。市販薬を選ぶ際には、生活パターンに合わせて服用しやすい商品を選ぶことも大切です。

対象年齢や用量用法を変えたために生じた有害事例としては、「大人用の酔い止めを小児に使用したところ、気分が悪くなり嘔吐してしまった。」「1日3回のかぜ薬を1日2回で服用したところ、昼間に薬の効果が切れてしまった。」といったものがあります。

添付文書の記載内容を確認する

薬と同梱されている添付文書は、必ず目を通すようにしましょう。添付文書には、効能効果・用量用法などのほか、重篤な副作用の初期症状なども記載されています。市販薬とはいえ、副作用発生の可能性は否定できません。たとえば、処方薬と同じブランド名の市販薬を使用しても、主成分以外の成分でアレルギーを発症することもあります。また、市販のかぜ薬や解熱鎮痛消炎剤、漢方薬でも多くの副作用報告があります。
薬の使用中は体調変化に注意し、副作用と思われる症状があらわれたら服用を中止して、すぐに病院などを受診するようにしてください。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構「平成24年度 医薬品・医療機器等安全性情報」を基に作図

医療機関を受診すべきタイミング

市販薬を使用しても症状が改善しない場合は、早めに医療機関を受診しましょう。
市販薬の購入はあくまで自己判断です。判断に誤りがあれば、症状が改善しないばかりではなく、症状の悪化やほかの病気の見落としにもつながります。たとえば、胃腸薬を使用して胃の不快感をおさえこみ、「薬を飲んでいるから大丈夫」と漫然と使用を続けた結果、胃がんの発見が遅れてしまった、という事例もあります。
市販薬を使っても症状が改善しない場合は、2箱目を買う前に医療機関を受診しましょう。

購入時に薬剤師や登録販売者に相談する

市販薬の購入時には、薬剤師や登録販売者に相談するようにしましょう。使い慣れている薬でも、症状によっては使用を避けるべき場合があります。たとえば、解熱鎮痛剤としてよく使われるアスピリンをインフルエンザによる発熱に使用すると、インフルエンザ脳症の発症リスクが高まることが知られています。使用経験のある薬であっても、薬剤師などに症状や使用目的などを相談してから購入するようにしましょう。

持病がある人・常用している薬がある人は医師・薬剤師に相談を

持病がある人、常用している薬がある人は、かぜなどの軽微な症状であっても医療機関を受診して薬を処方してもらうことをおすすめします。また、妊娠中や授乳中も特別な配慮が必要なので、受診して薬を処方してもらうほうがよいでしょう。

市販薬は便利ですが、病気の症状を悪化させるものや飲み合わせに注意が必要なものもあります。また、幅広い症状に対応するため複数の成分が含まれているケースが多いので、予想外の副作用が生じることもあります。

病院などを受診すれば、医師がそれぞれの病状や飲み合わせなどにも配慮して必要な薬のみを処方してくれるので、副作用が発現するリスクをおさえることができます。

一方、医療機関を受診するのが難しい場合には、薬局やドラッグストアなどにいる薬剤師・登録販売者に相談するのもひとつの方法です。
「お薬手帳」を持参して薬剤師などに見せれば、飲み合わせをチェックしてもらうことができます。症状によって受診をすすめられた場合は、健康被害を防ぐためにできるだけ受診するようにしましょう。

※「令和2年度平均年収と学歴調査

参考文献・参考サイト

※1 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構「添付文書等検索>医療用医薬品>ロキソニン錠60㎎ ロキソニン細粒10%添付文書」
http://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/430574_1149019C1149_1_09

※2 第一三共ヘルスケア「お客様サポート>製品添付文書・説明文書(PDF)一覧>ロキソニンS添付文書」
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/package_insert/pdf/loxonin-s_1.pdf

※3 第一三共ヘルスケア「お客様サポート>製品添付文書・説明文書(PDF)一覧>ロキソニンSプラス添付文書」
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/package_insert/pdf/loxonin-s_plus_1.pdf

※4第一三共ヘルスケア「お客様サポート>製品添付文書・説明文書(PDF)一覧>ロキソニンSプレミアム添付文書」
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/package_insert/pdf/loxonin-s_premium_1.pdf

HOT

-健康, 病気