健康 病気

高血圧は改善できる! リスクを減らして健康寿命を延ばそう

kurashino

高血圧とは、文字通り、血圧が高い状態のことを指します。康生労相のウェブサイトには、以下のように書かれています。

収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上になる病気。
日本人のうち約4000万人が該当。

e-ヘルスネット(厚生労働省)「高血圧」

高血圧は痛みなどの自覚症状がほとんどないため、健康診断などで指摘されても放置しがちです。しかし、高血圧は脳や心臓など重要な臓器を侵す病気の原因になることもあります。

そこで今回は、高血圧の原因や危険因子などを解説し、さらに高血圧が進行することで生じうる健康上の悪影響、そしてリスクを軽減する方法について説明します。

日本人の高血圧のほとんどは「本態性高血圧」

高血圧には、はっきりとした原因が分からない「本態性高血圧」と、病気などが原因で生じる「二次性高血圧」があります。日本人の高血圧の多くは、本態性高血圧です。

本態性高血圧

本態性高血圧には、遺伝的因子や環境的因子が関与していると考えられています。血圧を上昇させる環境的因子としては、肥満・ストレス・喫煙・過剰な塩分摂取などがありますが、遺伝的因子と複数の環境的因子が影響しあって、血圧を上昇させていることが多くなっています。

肥満の影響

体内を循環する血液の量は、体重に比例して増加します。そのため、体重の増加にともない、血管にかかる圧力も大きくなります。また、肥満があると、血管を収縮させる生体内物質が分泌されやすくなるので、血圧が上昇しやすくなります。

ストレスの影響

ストレスがあると、交感神経の緊張状態が続きます。交感神経が緊張すると血管が収縮するため、血圧が上昇しやすくなります。

喫煙の影響

喫煙には、血管を収縮させて血圧を上昇させる作用があります。この作用は一時的なものですが、喫煙量が多いと血圧の高い状態が長く続くことになります。また、喫煙すると血液中の酸素濃度が低下するため、心臓にも大きな負担がかかります。

過剰な塩分摂取の影響

食塩(塩化ナトリウム)を摂りすぎると、体内にナトリウムが増えます。そして、ナトリウムの濃度を調節するために血液中の水分量が増えると、体内を循環する血液の量が増え、血圧が高くなるとされています。

二次性高血圧

二次性高血圧の原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 腎臓の機能が低下する病気(腎実質性高血圧、腎血管性高血圧など)
  • 血圧調整に関与するホルモンのバランスがくずれる病気(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫など)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 薬剤の影響

二次性高血圧は、原因となっている病気を治療することで高血圧の改善が期待できます。

本態性高血圧

  • 遺伝的因子や環境的因子(肥満・ストレス・喫煙・過剰な塩分摂取など)が関与。
  • 日本人の高血圧の大半を占める。

二次性高血圧

  • 病気などが原因で発症する高血圧。
  • 原因を治療すれば血圧降下が期待できる。

高血圧は脳・心臓・腎臓に悪影響を及ぼすことも

高血圧には、目立つ自覚症状がありません。しかし、放置すると常に高い圧力が血管にかかるので、血管がダメージを受けて動脈硬化が進行します。動脈硬化は、脳血管疾患・心疾患・腎臓病など生命にかかわる病気の原因になるものです。そのため、血圧を下げることは、健康寿命を延ばし、命を守ることにもつながります。

以下に、高血圧と脳血管疾患・心疾患・腎臓病の関係について、簡単にまとめます。

高血圧と脳血管疾患

脳出血の多くは、高血圧が原因で生じるとされています。また、脳梗塞には「ラクナ梗塞」「アテローム血栓性脳梗塞」「心原性脳塞栓症」の3種類がありますが、いずれも高血圧と深い関係があります。

脳血管疾患の種類

血管障害の内容

関連する病気・症状など

脳出血

脳の深い部分にある血管が破れて出血する。

高血圧、加齢などで血管がもろくなると生じやすい。

脳梗塞

ラクナ梗塞

脳の深い部分にある細い血管が詰まる。

主に高血圧が原因で生じる。

アテローム血栓性脳梗塞

脳の比較的太い血管が詰まる。

高血圧など生活習慣病が主な原因。

心原性脳塞栓症

心臓にできた血栓が、脳の血管に詰まる。

心房細動という不整脈のある人に多い。

高血圧は心房細動の誘因になると考えられている。

高血圧と心疾患

血圧が高くなると、心臓は血液を送り出す際に大きな力が必要となります。その状態が長く続くと心筋が厚くなり、「心肥大」となります。
また、心臓をとりまく冠動脈に動脈硬化が起こり、血管が細くなったり血栓が詰まったりすると、心臓に血液が十分に供給されない「虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)」になります。さらに高血圧は、心臓が十分に機能しなくなる「心不全」や、心原性脳塞栓症と関係の深い「心房細動」(不整脈の一種)の原因にもなります。

高血圧と腎臓病

高血圧が原因で腎臓の血管に動脈硬化が起こると、血管が細くなって血流量が減り、腎臓の機能が低下します。すると、腎臓は水分を尿として排泄できなくなり、結果として血液の量が増加して心臓の負担が増えます。そして、さらに血圧が高くなり、腎機能に悪影響を与えます。このように、高血圧と腎機能は、互いに悪化させあう関係にあります。

高血圧の治療は生活習慣の改善から

高血圧は動脈硬化の原因になるだけではなく、臓器そのものに悪影響を与える病気です。しかし、高血圧の危険因子は生活習慣の改善で取り除けるものも多くあります。

肥満の解消

肥満が原因の高血圧には、食事療法と運動療法を併用して減量を目指すのが有効です。運動はウォーキングなどの有酸素運動を行うのがおすすめです。ただし、急激に体重を減らすと体調を崩すおそれがあるので、急激な減量は行わないようにしましょう。なお、減量をすると、血圧だけではなく血糖値や血清脂質値の改善にも期待ができます。

ストレスを避ける

ストレスを避けるために、睡眠をしっかりとって十分な休養をとるようにしましょう。趣味や運動でストレスを発散するのも、よい方法です。特に運動は、肥満の解消にもつながるのでおすすめです。

禁煙する

血管や心臓への負担を減らすために、禁煙をしましょう。禁煙補助薬を使うと、禁煙成功率が高くなります。市販のニコチンガムなどの利用も有効ですが、禁煙外来を利用するのもひとつの方法です。禁煙外来を受診すれば、ニコチンを使わない方法で禁煙することもできます。

食生活を見直す

食生活の見直しで重要なのは、塩分摂取量の制限です。日本人は、1日に10ℊ程度の食塩を摂取(※1)していますが、日本高血圧学会では1日6ℊ未満とすることを推奨(※2)しています。

いきなり塩分量を減らそうとすると、食生活の大幅な見直しが必要になりますが、以下のような工夫をすることで、塩分摂取量を減らすことができます。

  • 漬物の量を減らす
  • 汁物は1日1回程度に減らす
  • 麺類のつゆは残す
  • しょうゆやソースなど調味料は、「かける」のではなく「つける」ようにする
  • コショウやトウガラシなどの香辛料や柑橘類の汁をうまく利用して、しょうゆなどの使用量を減らす

なお、薬物治療が始まっても、生活習慣の改善は継続しなくてはなりません。生活習慣の改善で血圧が下がれば、薬の量を減らすことになったり、飲む必要がなくなったりする可能性も出てきます。

だからといって、無理をする必要はありません。ストレスを感じない程度に、できる範囲で生活習慣を見直し、高血圧のリスクファクターをひとつでも減らすようにしましょう。

※「令和2年度平均年収と学歴調査

(※1)厚生労働省「平成30年 国民健康・栄養調査|第2章 栄養・食生活に関する状況 1.食塩摂取量の状況」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08789.html

(※2)特定非営利活動法人 日本高血圧学会「減塩委員会」
https://www.jpnsh.jp/com_salt.html

HOT

-健康, 病気