健康 病気

若いのに尿もれするのはなぜ? 30代からの尿もれ対策

kurashino

尿もれに気づいても、「恥ずかしい」「相談しづらい」とひとりで悩んでしまう方は少なくありません。また、「尿もれは年配者に起こるもの」というイメージが先行し、若くして尿もれを経験することにショックを受ける方もいるでしょう。

今回は、「若い世代の尿もれ」をテーマに、原因や対処法をお伝えします。
正しく対処すれば不快な症状を改善することができますので、ぜひ参考にしてください。

若い世代に起こりやすい「尿もれ」の原因とは?

尿もれと聞くと、「年配者に起こるもの」「恥ずかしい」などネガティブなイメージを抱く方は多いのではないでしょうか。実際には、40代以上の女性の4割以上が尿もれの経験があるそう(※)。つまり、尿もれは必ずしも年配の方に限ったトラブルではないのです。

尿もれの原因

女性が尿もれを起こす原因には、「女性ならではのからだの構造」「骨盤底筋群の緩み」の2点が影響しています。

女性のからだの構造を簡単に説明すると、男性の尿道(尿がからだの外に出る際の通り道)が約20cmと長くS字カーブを描いているのに対し、女性の尿道は約5cmと短く、まっすぐな形状をしています。また、男性の尿道が周囲組織でしっかりと固定されているのに対し、女性の尿道は可動性がある点も特徴です。さらに、妊娠・出産・運動不足などの影響を受けて「骨盤底筋群」と呼ばれる筋肉の集まりが緩みやすいことも、尿もれを起こす原因になっています。

*画像1

女性に多い尿もれのタイプ

尿もれは原因に応じていくつかのタイプありますが、その中でも特に多いのが「腹圧性尿失禁」と呼ばれるものです。

腹圧性尿失禁は、咳やくしゃみをしたときやスポーツの最中、重い荷物を持ち上げたときなど、お腹に力が入ったときに生じる尿もれで、骨盤底筋群の緩みが原因です。
日常的に起こりやすい軽い尿もれではありますが、尿もれを経験した方にとっては受け入れがたい出来事であり、「またもれたらどうしよう......」という不安から行動が制限され、日常生活や心理面に影響することもあります。

このように、尿もれはとてもセンシティブな問題であるため、誰にも相談できずひとりで悩む方が少なくありません。しかし、女性特有のからだの構造や、ライフイベントや生活習慣の影響を受けて人のからだが変化することを考えれば、「尿もれは決して珍しいことでも、恥ずかしいことでもない」ということが理解できると思います。

尿もれが「女性特有の病気」のサインであることも

女性であれば誰にでも起こり得る尿もれですが、まれに病気のサインとして生じる尿もれもあります。代表的なものが、「子宮筋腫」「骨盤臓器脱」など婦人科系の病気です。

子宮筋腫

子宮に発生する良性の腫瘍で、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの作用で大きくなります。主な症状は経血量の増加や貧血、強い生理痛ですが、ときに尿もれが生じることもあり、大きくなった筋腫が周囲の膀胱や尿道を圧迫したり引っ張ったりすることが原因です。

骨盤臓器脱

骨盤内にある子宮や膀胱などの臓器は、その周りにある筋肉や靭帯によって支えられ、適切な位置に納まっています。ところが、それらの支えが緩くなると、本来あるべき位置より下に臓器が降りてくることがあります。なかには子宮が膣の外に出てくるケースもあり、妊娠・出産経験のある方や、重い物を持つ仕事に就いている方に起こりやすい病気です。

このように、尿もれが日常的に見られる症状といっても、ときに何らかの病気が潜んでいることもあります。頻繁かつ長引く尿もれの場合、病気を疑って早めに医療機関に相談することをおすすめします。

*画像2

不快な症状を解消! 尿もれのセルフケア

尿もれに悩む方の多くは、「まずは自分で解決できる方法を知りたい」と考えることでしょう。量が少なく回数も頻繁でなければ、セルフケアで尿もれを改善することが期待できます。
ここからは、具体的な尿もれ対策についてご紹介します。

尿もれのパターンをつかむ

尿もれを起こす原因やタイミングがわかれば、尿もれしやすい行動を控える、タイミングを見計らってトイレを済ませておくなど、事前の対策が可能です。
まずは「どんなときに尿もれしやすいか」「量はどれくらいか」など、ご自身のパターンを把握することから始めましょう。

ケア用品の活用

尿もれは「いつ起こるかわからない」という緊張感や、汚れや臭いなど衛生面の不安がつきものです。
現在、尿もれ専用の吸水パットが各メーカーから出されていますが、種類がとても豊富です。「ちょっとそこまでの外出」や「トイレが見つかりにくい場所への外出」など、量や生活シーンに応じたラインナップになっているため、ケア用品をうまく活用すれば気兼ねなく仕事や趣味を楽しむことができます。
尿もれのパターン(量・回数)や肌触りなど、ご自身に合ったケア用品を探してみましょう。

骨盤底筋群のトレーニング

女性に多い尿もれの多くは、骨盤底筋群の緩みが原因です。妊娠・出産・運動不足などで緩んでしまった筋肉は簡単なトレーニングで鍛え直すことができますので、ぜひ継続的に行ってください。ここでは、骨盤底筋体操の一例をご紹介します。

公益社団法人日本産婦人科医会ウェブサイトの情報を基に作図

骨盤底筋群を鍛えるコツは、「肛門・膣を意識して、グッと力を入れて筋肉を締める」ことです。どのような姿勢でも行えますので、通勤中・入浴中・就寝前など生活の中で習慣的に行うようにしましょう。トレーニングを継続することで、緩んでしまった骨盤底筋群を無理なく鍛えることができ、尿もれの改善が期待できます。

心身のリラックス

1度尿もれを経験すると、「いつ尿もれするかわからず気が抜けない」「尿もれが心配で外出が億劫」など、心理面にも影響します。しかし、極度の不安や緊張によるストレスは症状を悪化させることもあります。
ケア用品をうまく活用して尿もれの不安を軽くする、心身ともに深くリラックスできる時間を持つなど、頭の中が尿もれのことでいっぱいにならないように注意しましょう。

水分量を調整する

人が1日で必要とする水分量は約2.5Lで、そのうち飲み水として摂取するのは1.2Lが目安といわれています。尿もれが心配という方は、必要以上に水分を摂りすぎていないか飲水量をチェックしてみましょう。

セルフケアで改善しなければ医療機関へ相談を

尿もれに対するセルフケアを続けているにも関わらず、下記のようなケースは早めに医療機関に相談しましょう。

  • 一向に改善しない
  • 尿の量やトイレに行く回数が増えた
  • 日常生活に支障がある
  • 心理的負担が大きい

尿もれによって日常生活が制限され、ストレスを抱えてしまうのが一番良くありません。医療機関で治療を受ける場合、尿道括約筋に作用して尿もれを改善させる薬が処方されることもありますが、薬はあくまでも補助療法です。基本となる骨盤底筋群のトレーニングを続けながら薬物療法を行いましょう。それでも症状が改善しない場合には手術が必要になることもあります。

若い世代の尿もれ ひとりで悩まないで

尿もれの原因は単に年齢によるものだけでなく、女性特有のからだの構造や、妊娠・出産、普段の生活習慣などが影響しています。女性であれば誰にでも起こり得るものなので、劣等感や恥ずかしさを感じる必要はまったくありません。
不快な症状から早く解放されるためにも、「若くても尿もれは起こる」と受け入れるとともに、ひとりで悩まず専門家に相談することが大切です。

※「令和2年度平均年収と学歴調査

【出典元】

※ 日本泌尿器科学会ウェブサイト
https://www.urol.or.jp/public/symptom/04.html

【イラスト・写真】

*画像1イラストAC 利用規約

*画像2写真AC ご利用ガイド

HOT

-健康, 病気