健康 病気

女性は閉経すると男性になる!?

kurashino

女性は男性に比べて動脈硬化になりにくいと言われているのをご存知ですか? 「女性は動脈硬化になりづらいから、コレステロールの上限目標値が超えていてもいい」と言う医師がいるくらいです。女性と男性の体の違いによって、病気のリスクも変わりますが、女性は50歳前後からそれまでになかった病気のリスクが高くなっていきます。
「女性は閉経後に男性になる」というのはHDCアトラスクリニック院長の鈴木吉彦先生。一体どういうことなのでしょうか? 「閉経すると、男性と同じ病気リスクが高まるということです」と鈴木先生。
今回は、女性の閉経後に高まる病気リスクについてお伝えします。

閉経と更年期障害

シニアの女性は更年期障害による、ほてり、発汗、頭痛、物忘れ、不眠など、さまざまな症状に悩んでいる方も多いものです。なぜ、女性だけが更年期障害になるのでしょうか。それは、若いころに分泌されていた女性ホルモンが少なくなってくることが原因だと言われています。
女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2つです。エストロゲンは、女性の初潮から閉経までに大量に体の中に分泌されているホルモンで、コレステロール値を下げるなど、さまざまな効果があります。
ただし、女性ホルモンは、一生分泌されているわけではありません。女性ホルモンが完全になくなるのは、個人差はありますが大体60歳前後です。女性ホルモンが減っていく兆候は、40歳頃からの生理不順、50歳前後の閉経(平均閉経年齢は50.5歳)で推測することができます。

女性ホルモンがもたらす恩恵

エストロゲン

  • 女性らしい体を作り上げる
  • 骨の形成を手助けし骨粗鬆症になりにくくする
  • LDLコレステロールを下げやすくする
  • 皮膚を保護しやすくする
プロゲストロゲン

  • 子宮内の膜を肥厚させる
  • 基礎体温を上昇させる

動脈硬化リスクが男性と同じに

女性ホルモンの恩恵がなくなると、男性に多いと言われる病気にかかりやすくなります。
たとえば、心筋梗塞になるのはほとんどが男性というイメージを持たれる方は多いと思います。
動脈硬化疾患の要因となる、飲み会での暴飲暴食、ストレス、喫煙などが男性に多い生活習慣だからです。男性に多い、最も代表的な3大生活習慣病は高脂血症・糖尿病・高血圧です。他にも、生活習慣と多少は関係しますが、男性のほうが、たばこを吸うことが多いので、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などにもなりやすく、肥満が伴うと、脂肪肝にもなりやすいです。他にも、ED, 排尿障害などが起こりやすくなりますが、これらは、一般的には、「生活習慣病」とは呼ばれません。

心筋梗塞などの動脈硬化を原因とする疾患は、この高脂血症、糖尿病、高血圧などが原因となっておこってきます。特に高脂血症は、血管内の内皮という部分に、悪玉コレステロールをためます。それによって、血管が狭くなるのです。さらに、糖尿病があると、悪玉コレステロールが高血糖にさらされることで、より血管内の内皮に蓄積しやすくなり、それにより、さらに動脈硬化を進めます。ですから、糖尿病があると、非常に心筋梗塞になりやすく、恐れられているわけです。

心筋梗塞などの動脈硬化性疾患が女性に少ないのは、10代から50歳くらいまではエストロゲンが分泌されているからで、男性が女性に比べてはるかに心筋梗塞になりやすいのは、男性にエストロゲンが分泌されないためなのです。
女性ホルモンが分泌されなくなった女性においては、男性とほぼ同じ状態、すなわち動脈硬化は進行しやすくなります。閉経すると女性は男性になる、と言ったのはこのことです。50代で女性の動脈硬化疾患は急増し、70代になると男性とほぼ同じ確率になります。
動脈硬化は男性の問題と思ったら大間違い。閉経後は女性でも心筋梗塞のリスクがあると覚えておいてください。

心筋梗塞とは?

心筋梗塞とは、心臓に十分な血流が行かないことによって、心臓の筋肉細胞(心筋細胞)に壊死が起こることです。一般的に、心筋梗塞は突然なるものではなく、その前兆として狭心症になること言われています。狭心症とは、心筋細胞が完全に壊死には至らず虚血になって、胸痛などの自覚症状を伴い発症する疾患です。閉経後、胸の痛みを感じる方は要注意です。

閉経後は太りやすくなる

50歳を過ぎると太りやすくなる背景要因はさまざまです。男性にも同じことが言えますが、基礎代謝が減ってくることが第一の理由です。女性と男性に差があるとされる総コレステロールとLDLコレステロール値ですが、いずれも40代までは男性の方が高かったものが、50代にさしかかると、男性よりも女性の方が数値は高くなっていきます。これは、先に述べた女性ホルモンがなくなることに由来します。コレステロールを抑制していた機能が失われ、LDLコレステロール値が上昇してしまうのです。
※総コレステロールは、LDLコレステロールとHDLコレステロールとを合わせたもの

次に、50代を越えると子供が自立し、自由な時間が増えていきます。それによって友人や知人たちとの外食をする機会が増え、摂取カロリーがオーバーしやすいためです。
また、若い頃と違って体型を気にしなくなる、もしくは、やや太っているほうが年齢的に若く見えることもあるなど、意識の問題も重なってきます。「シワを隠したい」と考えるのも40代後半から60歳くらいまでにかけての女性の特徴です。なかには「貧相に見えるので痩せたくない」と言う方もいます。
このように、年齢を重ねると、太ってしまう言い訳がたくさん出てきてしまいます。暴飲暴食による生活習慣病などの入り口に立っていることに気付かず、病気を発症してしまう人が多くいます。

閉経は止めることはできませんが、その兆候がある方はご自身のホルモンバランスが変化することを知り、これから高まる病気リスクを知っておきましょう。50歳以降は、今までの生活スタイルを維持するのではなく、より健康的な食生活を心がけ、動脈硬化や肥満のリスクを減らす努力をしてください。

HOT

-健康, 病気