夫婦・家族 夫婦仲 暮らし・住まい 自分のこと

子育てがひと段落した女性に聞いた暮らしや住まいに対するこだわり

kurashino

あなたは、暮らしや住まいにどのようなこだわりがありますか?

女性は、子供が生まれると育児に追われる方も多いでしょう。共働きであればなおさら忙しく生活を送っているのではないでしょうか。そうこうしているうちに、育児を終える頃には、時間とともに心に余裕がでて、子供が巣立った後の将来のことも考え始める時期かもしれません。

今回は、子育てがひと段落した女性199名※1に、暮らしや住まいでこだわっていることを聞いたアンケート結果をご紹介します。

1.暮らしのこだわり

まずは、「あなたの家族でお金をかけてこだわっていることを3つまで教えてください」と質問した結果をみていきましょう。

最も多かったのが食事で43.2%という結果になりました。次いで、旅行が31.2%、健康が22.6%となっています。
全体で4位ではありますが、老後の準備は14.6%と食事と比較すると3分の1程度であり、そこまで多くありませんでした。

お金をかけてこだわっている理由

上位の回答を選んだ理由を抜粋してご紹介します。

食事と答えた方の理由

  • 一生懸命に働いているので、美味しいものを食べたい。そろそろ老年期に足を踏み入れそうになっているので、体が動けるうちは、お金が許される範囲内でなんでもできることをしたいから。
    老後の健康を考えるとバランスの良い食事が大事だと思うので。
  • 食材には安全と栄養を重視して購入している。
  • 健康にいいものを食べたいから。調味料などはこだわっていて、発行機関は必ずチェックする。
  • 必要以上にお金をかけているわけではありませんが、健康あっての幸せと思うのでできる範囲内で健康の基本となる食事には優先してお金をかけます。

旅行と答えた方の理由

  • 家族旅行を趣味にしています。老後が悠々自適であることを願ってこだわっています。
  • 旅行などは、健康でないと行けないので(自分を含め同行者も)行きたいと思い、行けるうちに行くべきだと思うため。
  • 食べたい物をたべ、健康的な生活を送る!大型車で家族でオートキャンプをするのが趣味。

健康と答えた方の理由

  • 健康じゃなければお金があっても楽しくないので。
  • 健康で長生きをして人生を楽しみたいからです
  • 楽しく日々を送りたい。
  • 主人が大きな病気をして3か月も入院したので、健康のありがたさを再認識させられたため。

老後の準備と答えた方の理由

  • 先日の報道で二千万円必要だと聞いたから。
  • 老後の生活費が心配なので日ごろから節約している。
  • 充実した老後にしたいため。
  • 老後が心配なので。
  • 老後、みじめな生活を送りたくないから、できるだけ、老後の資金にしたい。

2.住まいのこだわり

次に、「あなたが住まいのなかで、こだわっているところを教えてください。」と質問した結果をみていきましょう。

全体の間取りが19.6%、リビングが19.1%、お風呂が14.1%と、こだわっている箇所の順番はこのようになりました。しかし、今回アンケートにご協力いただいた方の4割が「特にない」と答えており、少し意外な結果となりました。※2

先ほどの暮らしに関する質問でも、「住まい」にお金をかけている方は8.5%とでていましたが、今後の人生や日々の生活を充実させるために住まいを改善するのではなく、なにか問題が生じてから対応している方が多いと考えられます。

住まいでこだわっている箇所の理由

上位の回答のなかで、こだわっている具体的な理由を抜粋したものもご紹介します。

全体の間取りと答えた方の理由

  • 毎日快適に過ごす為に、間取りでは子供の部屋自分達の部屋リビングなど、ゆとりのある間取りにしたいと思った。一年を通して、寒さ、暑さ、音など、様々な意味で快適に過ごしたい。
  • 広々とした空間でゆっくりくつろぎたいからです。
  • 毎日快適に過ごす為に、間取りでは子供の部屋自分達の部屋リビングなど、ゆとりのある間取りにしたいと思った。一年を通して、寒さ、暑さ、音など、様々な意味で快適に過ごしたい。
  • 利用する時間が長い居間やキッチンなどがリラックスできる空間であってほしいい。
  • 健康と気持ちの良い暮らしのため、清潔、採光、通気は大切と思います。
  • 家族のコミュニケーションとりつつプライバシー確保できる間取りにこだわった。

リビングと答えた方の理由

  • リビングは一番長くいるところだから、広くくつろぎたい。
  • リビングは家族でゆったりと過ごしたいので。
  • 家族の人たちが、一日の終わりに戻ってくる場所が、快適になるように。
  • 家族が集う場所なのでいつも清潔、整理整頓に心がけています。
  • 子供、孫達が皆集まれる広いリビング。

お風呂と答えた方の理由

  • お風呂はゆっくりとくつろいで入りたいので、普通より大きめにした。以前住んでいた家がとても寒かったので、暖房にはこだわった。冬は、家中どこへ行っても同じ温度であるような暖房器具にした。
  • 疲れをとるための浴室は健康であるためにとても大切なので、冷えないよう、カビが這いにくい防カビにリフォームした。

部屋の収納と答えた方の理由

  • 隙間を活用して上手にスッキリ収納!出しっ放しにせずに、こまめに片付けて、空間をスッキリしています。
  • 収納するスペースが多いから。
  • 使い勝手の良さや、収納性、清潔感のある快適な空間など、日々の生活に便利さと癒しを求めている。

3.暮らし・住まいのこだわり

今回のアンケートでは、楽しく健康的な生活を意識している方が多いことが分かりました。

「健康の基本は食事」「趣味を楽しみたい」「健康じゃないとお金があってもつまらない」など、趣味の時間も作りつつ多くの方は健康と楽しみを両立しているようです。

一方で、生活の軸となる住まいに対して、特にこだわりがないと回答している方が4割となりました。現状の住まいに満足している方は、特にこだわりが少ないのかもしれません。
ただ、住まいにこだわりを持っている方の多くは、「いつもいる場所だから」など、日々の生活を充実させるために、住まいも大切にしていることが伺えました。

暮らしと住まいは切っても切れない関係です。老後を見据えた時に、自宅の快適さを突き詰めていくのも良いのかもしれません。

※「令和2年度平均年収と学歴調査

※1

アンケート回答者:50代・60代の子持ちの既婚女性213名(有効回答者199名)
アンケート回答期間:2019年8月19日~2019年8月26日
※すべての回答の平均ではなく回答が有効なものの平均となります。

HOT

-夫婦・家族, 夫婦仲, 暮らし・住まい, 自分のこと