ヘア・髪型 健康 美容

フケの原因や対処法は? 洗髪の正しい方法や対処法を薬剤師が詳しく解説

kurashino

ふと気が付くと、肩や襟元についているフケ。「洗髪がしっかりできていないのでは?」と不安になってしまいますが、必ずしもそうではありません。そもそもフケは、古くなった頭皮の角質が新陳代謝(ターンオーバー)によってはがれ落ちたものです。生理現象のひとつであり、だれにでも発生します。

正常なターンオーバーサイクルで発生するフケはかなり小さく、洗髪すれば取り除かれるため、目立って困ることはほとんどありません。しかし、何らかの原因で頭皮の皮脂の分泌量が変わったり、常在菌(からだに存在している細菌)のバランスが崩れたりすると、フケの量が増えたり大きなフケが出たりするようになります。また、病気が原因でフケが出ることもあります。
今回は、フケのタイプとフケが出る原因、そして症状に応じた対処法を解説します。

フケのタイプは大きく分けて2種類

フケには、乾燥したパラパラ・カサカサのタイプ(乾性フケ)と、油っぽくペタッとしたタイプ(湿性フケ)があります。それぞれの特徴と原因を見ていきましょう。

乾性フケ

乾性フケは、おもに頭皮の皮脂不足が原因で生じます。頭皮の皮脂が不足して肌が乾燥してくると、肌を守ろうとする再生力が高まり、ターンオーバーサイクルが早まります。結果として、未熟でキメの粗い角質細胞が頭皮表面に押し出され、はがれ落ちてフケとなります。
頭皮の皮脂不足の背景には、過剰な洗髪、洗浄力の強いシャンプーの使用、肌が乾燥しやすい体質(皮脂の分泌量が少ない)などがあると考えられます。

湿性フケ

湿性フケは、皮脂の過分泌により常在菌の「マラセチア菌」が増えるために生じます。頭皮の皮脂の分泌量が多くなると、皮脂をエサとするマラセチア菌が増殖します。そして、マラセチア菌が分解した物質により頭皮が刺激されると、ターンオーバーサイクルが乱れてフケが大量に発生します。
マラセチア菌が増殖するきっかけとなる皮脂の過分泌は、頭皮の不十分な洗浄、油分の過剰摂取、ホルモンバランスの乱れなどが原因とされています。そのほか乾性フケ・湿性フケに共通の原因として、ストレスや食生活の乱れ、紫外線による刺激、睡眠不足などが挙げられます。

【タイプ別】フケの対処法

フケには2つのタイプがあることが分かったうえで、それぞれに応じた対処法を解説します。

乾性フケの対処法

まずは、皮脂を洗い流し過ぎないこと、頭皮への刺激を防ぎ保湿を心がけることが大切です。そのためには、洗髪のし過ぎをなくしましょう。シャンプーは1日1回まで。フケが気になるからといって洗髪の回数を増やし過ぎると頭皮の乾燥が進み、かえって症状が悪化するおそれがあります。シャンプーのつけ過ぎもNGです。シャンプーの量が多すぎるとすすぎに時間がかかり、頭皮の潤いが失われやすくなります。
もうひとつ大切なのは、洗浄力の強いシャンプーを使わないこと。保湿力の高いシャンプーやリンスを取り入れ、頭皮の保湿を心がけましょう。なお、すすぎの際は、ぬるめのお湯でシャンプーを洗い流します。湯温が高すぎると頭皮の乾燥につながります。髪の毛を乾かす際にドライヤーを使う場合は、乾燥防止のため頭皮に近づけすぎないようにしましょう。
日常生活では紫外線による頭皮の乾燥に注意してください。スプレータイプの日焼け止めを使う方法もありますが、肌の弱い人は帽子や日傘を利用するほうがよいでしょう。
肌の保湿力を高めるために、バランスの良い食事を心がけることも必要です。睡眠不足やストレスもフケの原因になるため、注意しましょう。

湿性フケ

湿性フケ対策としては、皮脂の過分泌を抑えること、マラセチア菌が増えすぎないようにすることが大切です。シャンプーはできれば毎日、できない場合でも2日に1回は行うようにしましょう。シャンプーは、適度な洗浄力があり、すすぎ落ちのよいものを選びます。マラセチア菌の増殖が気になる場合は、「ジンクピリチオン」「ピロクトンオラミン」「イオウ」「二酸化セレン」「ミコナゾール硝酸塩」などを含むフケ用シャンプー・リンスを選ぶとよいでしょう。また、髪の毛ではなく頭皮を意識して洗うようにしましょう。特に皮脂の分泌量が多い頭頂部・前頭部は念入りに洗ってください。すすぎの際は、洗浄成分が残らないようにしっかり洗い流してください。
日常生活では、紫外線を防ぐ、睡眠をしっかりとる、ストレスをためないという点では乾性フケと同じですが、湿性フケの方は脂っこい食事を避け、フケ症状を改善する効果があるとされるビタミンB2・B6を含む食品を積極的にとることが大切です。

フケの量が減らない場合は医師に相談を

適切なケアをしてもフケの症状が変わらない場合は、病気が原因かもしれません。よく見られるのは、「脂漏性皮膚炎」という病気です。その他、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、頭部白癬などでもフケが見られることがあります。病気が原因の場合は、病気の治療がフケの抑制につながります。

フケが出ることのある病気(例)

脂漏性湿疹

皮脂の分泌が活発な部分が炎症を起こし、かゆみをともなう病気。頭にできると、フケが増えて頭皮が赤くなる。

尋常性乾癬

炎症と角質化が主症状の病気。炎症を起こして赤くなった肌の上に、角質が層状に重なる。頭のほか、肘、膝、腰まわりなどにできることがある。かゆみをともなうことも。

アトピー性皮膚炎

強いかゆみと発疹があらわれる病気。フケ症状が出ることもある。

頭部白癬(しらくも)

白癬菌(水虫の原因菌)が頭髪に寄生して生じる病気。髪の毛が楕円形に抜け、その部分にフケのようなものがつくことがある。

もっとも、フケの状態だけで病気の有無は判断できません。ケア方法が間違っていると症状が悪化することもあります。不安がある場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

HOT

-ヘア・髪型, 健康, 美容